ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

恋人はロボット

2005年06月17日 | ガジ丸通信-科学・空想

 愛知万博で、私が最も観たいと思っていたのは最先端のロボット工学。しかしながら、辛抱弱いというウチナーンチュのDNAのせいで、その目的は果たせなかった。
 マジンガーZは、ガンダムは、鉄腕アトムは夢のままで終わるか、はたまた現実のものとなるのか、とても興味がある。ペットロボットのアイボくらいでは、私は満足しない。アイボがもう少し進化して、アトムのように感情を持ち、臨機応変に人間と付き合えるようになれば満足する。満足はするが、ペットを飼うのがあまり好きでは無い私は、そんなロボットを買って、手元に置こうなどとは思わない。
 私の欲しいロボットは、頭の良いロボット。物事を処理する際に、それが合理的であるか、効率的であるかなどの判断能力があり、処理する際の作業においても計算が速く、行動も速やかである事務処理に長けたロボット。いわば、“できる”秘書ロボット。
 秘書ロボットはしかし、人間型ではあっても良いが、女性のような体をしていてはいけない。美人でもあろうものなら、彼女に恋をしてしまう恐れがあるからだ。人間としての尊厳を守るためにも、恋人はロボットなんていうようなことは無いようにしたい。
 秘書ロボットはだから、スターウォーズのC3POのような外見が良い。恋をする可能性が極めてゼロに近いからだ。事務処理は事務的に処理し、余計な感情は持たない。質問すると、的確な答えをすぐに出してくれる。中性的な声で、はきはきと明瞭にしゃべる。それに加え、世間話や日常的なことについての話においては冗談を言い、冗談を判ってくれる。控えめに驚き、控えめに笑い、控えめにムッとしたりする。そういったロボットが秘書でいてくれたら、私の日常はとても楽になると思うんだが・・・。
 まあ、そんなロボットがもしできたとしても、それはまだまだ先のことであろう。あと50年後か、100年後か。その時、既に私はこの世にいない。しかし、それよりずっと早く、愛玩用の人間型ロボットは実用化されるかもしれない。少女を監禁して、自分の意のままに操ろうとする人間が、バーチャルの世界と現実の世界を混同するような人間が、この先増えるであろうと予想されるからだ。そんな彼らのために、意のままに動かせる愛玩用(設定により奴隷型仕様にもなる)ロボットが必要になってくるに違いないからだ。
 恋人はロボット、子供は人工授精、育児は育児用のロボット、なんていう人生の煩わしさを経験しない若者が増えてくる。彼らはまたコンピューターの扱いに長けているので、若いうちから社会のリーダーになっていく。バーチャルな彼らは、自分にとって役に立つか立たないかでモノを判断する。役に立たないモノは切り捨てる。アナログな生き方をしている私なんかは真っ先に切り捨てられる。でも、心配は要らない。そんな世界がやってきたとしても、その頃、既に私は先の無い年寄りとなっている。
 爺さんとなった私は、まだ健康であれば、田舎である沖縄の、さらにその田舎に住み、畑を耕しながら自給自足の生活をしているであろう。私の恋人はロボットでは無く、土と風と太陽と水と草木など。思いっきりアナログの暮らしをしている。ロボットを恋人に持つデジタルの若者たちから見れば、理解不能な人間。役に立つか立たぬかも不明。切り捨てるも何も無い。もはや見て見ぬ振りをする外無い。その時には、「これが人間だ!参ったか!・・・雲子も臭せぇぞ!」と言ってやるのだ。

 記:2005.6.17 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人の美徳 | トップ | 梅雨が明ける頃 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。