ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

骨太番組

2014年08月15日 | ガジ丸通信-社会・生活

 中国に住んだこともないし、中国民になったこともないので想像でしか言えないが、中国と日本どちらかを選びなさいと言われたら一瞬の間も置くことなく日本を選ぶ。私は日本国民で良かったと思う。何故に?・・・自由であるかどうかという一点による。
  自由は、表現の自由、思想信条の自由など、その他いろいろあるが、政府を批判して良い、政府に文句言って良い、不利益を被ったら政府を訴えても良いという自由があるという点で中国と日本とでは大いに違いがあるように思われる。一個人が国と対等に対峙できるということは、自由と平和を保つ上で重要な条件であると思う。
          

 以前、埼玉に住む友人から「この番組いいよ、ネットテレビだけど」という情報がメールで来た。この番組とは『愛川欽也パックインニュース』。番組を録画したDVDを観たら、確かに良い番組であった。この件については『きんきんどっとてれび』というタイトルで2012年5月4日付のガジ丸通信に詳しく感想を述べている。
 その感想の中で私は「愛川欽也、今年で78歳になるらしい。老骨に鞭打って国を守る人、応援したい。」と書いているが、ところが、その後ちっとも応援していない。私は家にインターネットを引いていないのでネットテレビは観られない。貧乏なのでDVD会員にもなれない。そうこうしている内に番組の存在も忘れてしまっていた。

 私は週に1~2日の数時間、HPをアップするために金曜日の職場へ通いネットを使っているが、日常生活では携帯メールをたまにやりとりするだけで、インターネットとは無関係に生きている。テレビも、まれに親戚友人の家で目にすることはあるが、それもまじまじと観ることは無く、私の日常生活においては必要の無いものとなっている。さらに私は、10年ほど前から新聞も取っていない。それらは単に生活費削減のためという理由もあるが、生きる上で必要な情報は、ネットやテレビを何時間もやったり観たり、何ページもある新聞を読まなければならないほど多くは無い、と思っているからだ。
 ネットもテレビも新聞もなくして、世間がどういう状況になっているかなど、社会人として必要な情報はどうやって入手しているのかというと、もっぱらラジオ。
  朝起きると、先ずはNHK第一、ニュースや天気予報を聴く。7時頃になってもラジオを聴ける状況(車の運転中とか)にあれば、民間のラジオ沖縄を聴く。沖縄関連のニュースや天気予報を聴いている。家に帰って4時になると琉球放送ラジオの『民謡でちゅううがなびら』、5時からはラジオ沖縄の情報番組。プロ野球中継が始まるとラジオを消し、CDとなり、7時からはNHKFMを9時過ぎまで聴いて、その後は寝る準備だ。

 7月下旬の月曜日、プロ野球中継が無く、チャンネルをラジオ沖縄のままにしていたら「オッ!」と思う番組が流れた。『ラジオフォーラム』という名。何故「オッ!」と思ったか?・・・永田町や霞が関を恐れず真実を語る内容だと感じたからだ。反原発の学者小出裕章氏が毎週電話出演していることだけでも私好み。なわけで「あー、これは愛川欽也の番組に似ている」と感じ、『愛川欽也パックインニュース』を思い出した次第。
 私はこういった番組が存在すると思うだけで心安らかになる。こんな番組が元気であれば日本が危ない国になる可能性は低いはず。日本国民で良かったとつくづく思う。
          

 記:2014.8.15 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺での旧盆 | トップ | ミナミアオカメムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。