ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

スクガラス

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 頭から齧るべし

 スクは、透くと書いて、「物を通して向うのものが見える。すき通る。すける。」(広辞苑)という意味になる。したがって、スクガラスは「すき通るガラス」ということになるが、ウチナーグチ(沖縄口)のスクガラスは、そういうことでは無い。
  塩辛のことをウチナーグチでカラス、あるいは、美味しいもの、可愛いものという意味を込めてカラスグヮー(グヮーは小さいという意)と言う。イチャガラスはイカの塩辛、確か、高知辺りでは酒盗とも呼ぶ鰹の腸(はらわた)の塩辛はワタガラス、他にチール(ウニ)ガラス、ウマ(馬では無い、シャコガイのこと)ガラスなどがある。
 スクは、ヤマトゥグチ(大和口)でアミアイゴのことを言い、その稚魚を塩辛にしたものをスクガラスと呼ぶ。『沖縄大百科事典』には「アイゴの仲間、エーグヮー(シモフリアイゴ)、カーエー(ゴマアイゴ)などの稚魚を塩漬けにしたもの」といった内容のことが書かれてあったが、『沖縄釣魚図鑑』には「スク(アミアイゴ)の稚魚を塩漬けしたもの」とあった。ここでは、より専門的な、と思われる『沖縄釣魚図鑑』に従う。

  スクガラスは、子供の頃から身近にあり、イカやワタなどよりずっと多く食べている。居酒屋などでは、島豆腐の上にスクガラスを乗せたものがポピュラーであるが、蒸かした芋の上に乗せてもよく食った。子供の頃から辛いものが好きだった私は、スクガラスをおかずにしてご飯を食うこともあった。大人になって(正確には、なる少し前)からは、スクガラスだけを肴に酒を飲むのも好きであった。そんな、大好きなスクガラスではあったが、中年となって、血圧を気にするようになってからは、食す機会も減っている。
 アイゴの類は、背びれや臀びれに何本もの棘があり、刺されると非常に痛い。稚魚にもその鋭い棘はある。稚魚の棘は小さいので、それでケガをするということはほとんど無いが、口に入れる時はちょっと注意が必要である。棘は頭から尾に向かっているので、尾の方から口に入れると舌に引っかかったりするのである。だから、頭から齧るべし。
      
      
 →記事(アイゴ)

 記:ガジ丸 2006.4.17 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄釣魚図鑑』新垣柴太郎・吉野哲夫著、新星図書出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エーグヮーマース煮 | トップ | ミミガー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。