ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ヨガという瞑想

2016年07月29日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 今年の沖縄は6月から糞暑い、夜も暑くてぐっすり睡眠ができていない。7月に入るとさらに暑くなって、夜も糞暑くて何度も目が覚めるグダグダ睡眠が続いている。
 時々、手首血圧計で血圧(脈拍数も)を計っているが、私は血圧が高い、元々高い、150超えが続いている。いつから150超えなんだろうと日記を調べてみた。2014年1月からだった。それ以前も高めだ、ほぼ140超えとなったのは2007年1月から、高血圧歴9年半というわけである。それ以前は130台と140台が半々であった。
 高血圧は脳や心臓疾患になるリスクが高いことも知っている。ではあるが、血圧が高いのは9年半の経験で慣れっこになっていて、今のところ、胸が苦しいとか眩暈がするとかも無いので、血圧の高さは気にしないことにしている。それよりも最近、脈拍数が多いのが気になっている。平常の私の脈拍数は60前後であるが、6月は65前後となり、7月に入ると、何と70前後になった。「これはきっと心臓の過重負荷だ」と心配。

 「そういえば最近、腹式深呼吸も瞑想もまともにやっていないなぁ」と思い出した。私の経験では20~30分程度の腹式深呼吸をやれば血圧は10ポイントほど下がる。同じく20~30分程度の瞑想をやれば心拍数も下がって行く。
 「そういえば最近」の最近は、はっきり覚えていないが、たぶん、1年くらいはご無沙汰しているはず。今年6月になって、暑苦しさで4時頃目を覚ました時があって、その時に「久々にやろう」と腹式深呼吸にトライした。10分もしない内に眠っていた。
 同じようなことが7月に入ってもあった。その時は腹式深呼吸ではなく瞑想。その時既に脈拍数が70前後となっていたので、「血圧を下げることよりは心拍数を落ち着かせることが先だ」と思ってのこと。その瞑想もまた10分と続かず私は眠っていた。

 脈拍数が多くなったのは6月から。つまり、暑くて寝苦しくてグダグダ睡眠となって、毎日が寝不足状態となってからだ。寝不足は健康に悪いはず。心臓にも負担がかかるので脈拍数が増えていると思われる。それでも、この糞暑い中、畑仕事は続けている。
 グダグダ睡眠が続いて、毎日のように寝坊して、畑への出勤が7時頃(夏農夫の予定では6時前出勤)となって、畑も暑くて11時頃にはフラフラとなって、グダグダ作業が続いて午後1時頃には家に帰って、家も暑くて、少し昼寝した後、ダラダラと引っ越し(予定、いつになるやら)準備と、そのついでのダンシャリ作業をしている。
 7月15日、「俺はたぶん疲れている」と思い、畑へはオクラ収獲のため30分ほど寄っただけで、畑仕事を久々に休んだ。そして、「健康のためには瞑想は大事だろう」と思っていて、たまたま、桜坂劇場でその類らしき映画をやっていたので観に行った。良い映画を観て、身体だけでなく心もリフレッシュしようという魂胆であった。

 その日観た映画は『永遠のヨギー』。ヨガの達人がアメリカ合衆国に渡って布教活動するというお話。ヨガに対する私の認識はずいぶん前から決まっていた。「瞑想の1種」という認識だ。しかし、『永遠のヨギー』を観て、その認識は少し変わった。主人公のヨギー(ヨガをする者)はヨガの目的は「神を感じる」ことであると語っていた。彼はまた、ヨガによる調和と愛も説いていた。ヨガは平和と愛を望む「宗教の1種」であった。
     
     

 記:2016.7.29 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.7.29 弱音吐く農夫 | トップ | オクラ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。