ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

シマトネリコ

2017年07月17日 | 沖縄の草木:公園街路

 若い頃(十代~二十代)、目に見えないものに敏感だった時期がある。何でもない時、何でもない道を歩いていたら、急に冷気が襲ってきて、全身の毛が逆立つという経験をしている。それは何度もあったと思うが、今でもはっきり覚えているのは2度。1度目は東京、吉祥寺に住んでいる頃、住んでいるアパートの近くの小道で。2度目は大学を卒業して、沖縄に帰ってからすぐのこと、那覇の繁華街、国際通りから少し離れた筋道で。
 生来、「何とかなるさ」(何ともならないことも多くあったが)という性格なので、そういう経験をした場所でも、特に気にすることなく何度も通っていた。「何とかなるさ」が功を奏してか、その後、同じような経験はどちらも無い。国際通りから少し離れた筋道は今でも年に2、3度は通っているが、感性の鈍ったオジサンの毛はビクともしない。

 国際通りから少し離れた筋道の突き当たり、その右手にはまあまあ広めの公園がある。まあまあ広めというのは去年気づいた。いつもは傍を通るだけで、目に見える範囲内の広さであろうと勝手に想像していたのだが、去年の夏、中へ入ってみたら、意外と奥行きのある公園であることに気づいた。那覇の一等地、地代の高い公園である。
 その時そこで、樹冠が白いものに覆われている木を発見する。最初は花かと思ったが、近づいて見ると、果実のようであった。翼のよな形、モミジの果実に似ている。
 
 シマトネリコ(島梣):公園
 モクセイ科の常緑・半常緑高木 琉球列島、台湾、他に分布 方言名:ウヌハカギー
 トネリコが広辞苑にあった。梣と書き、「モクセイ科の落葉小高木。本州の山地に自生・・・材は家具、スキー、野球のバットなど」とある。本種はトネリコと同属で、似ている。琉球列島に自生することからシマ(島)が付いてシマトネリコ。
 別名をタイワンシオジという。シオジは塩地と書き、「モクセイ科の落葉高木。西日本の山地に自生」(広辞苑)のこと。これもトネリコと同属。シオジに似た南方系の樹木ということからタイワンシオジとなる。タイワンには南方のという意味がある。
 「材は野球のバットなど」に用いられるというのは聞いたことがある。トネリコの材は硬く、粘りがあるらしい。シマトネリコがバットの材になるかどうか不明だが、これも材は硬いとのこと。方言名のウヌハカギーは「斧刃欠ける木」という意味。方言名は他にジンギ、コナツキとあるが、意味は不詳。ついでに、トネリコの意味も不詳。
 高さ20mほどになる。公園の緑陰樹に向く。萌芽力がやや弱いので、強い剪定は行わない。硬い材は建築などに利用されるとのこと。
 花は黄白色で枝の先に付き、樹冠を覆う。開花期は4月から6月。花後の翼果(果実に翼が付いている)も目立つ。中国、フィリピン、インドなどにも分布する。
 ちなみに学名
 シマトネリコ Fraxinus griffithii C.B. Clarke
 トネリコ Fraxinus japonica
 シオジ Fraxinus spaethiana Lingelsh
 
 花
 
 実
 
 葉
 
 幹

 記:島乃ガジ丸 2009.1.14 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シマグワ | トップ | シロガジュマル »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。