ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

イエシロアリ

2011年07月22日 | 沖縄の動物:昆虫-カマキリ・その他

 シロアリは梅雨時に発生する、ということを私は睾丸の、じゃなく紅顔の美少年だった頃から知っている。それは、周りの大人たちがそう話していたのを聞いていたから。
  そしてその通り、去年の5月、我が住まいである築40年以上のボロアパートの、私の部屋にシロアリが発生した。四畳半二間の床板の多くが食われ、畳の全ても一部、またはほとんどを食われるという被害に遭った。奴らの巣は床下にあった。
 市販のシロアリ殺虫剤で間に合うような状況では無く、人が住めるような状況でも無かった。畳は全て使えないし、床板のあちこちに大きな穴が空いていた。
 床板の全てを張替、畳の全てを新調して、「これで安心」となったのは8月。以来、何事も無く時は過ぎていった。ところが、シロアリは梅雨時に発生するという通り、今年の5月、またしても部屋の中にシロアリが発生する。

 発生したシロアリの写真を、その被害状況まで含めて、去年も今年も撮っている。ブログの記事にしようと思ったからだが、シロアリの巣をまじまじと見、シロアリの姿をまじまじと見たのは、おそらく私は生まれて初めてのことだと思う。
 シロアリの巣は、遠い宇宙の生命のほとんど存在しないどこかの星の、荒れ果てた地表のような感じ。抽象画にもありそうだが、見ていて気持ちの良いものでは無い。
  シロアリは、手足の生えたウジ虫のように見える。ウジ虫のように見えるので気持ち悪い。私は、その辺のアリが私の体(腕でも足でもお腹でも)を歩いていても「キャー!気持ち悪い」なんてちっとも思わない。ただ、もぞもぞして鬱陶しいので、摘まんで窓の外に放り投げるか、強く摘まみ過ぎてつぶしてしまうかだ。
 だがしかし、アリに清らかな「白」と名が付いたシロアリは気持ち悪い。なるべくなら触りたくない虫の部類に入る。見た目がウジ虫のようであるからということもあるが、シロアリは、アリと名はあるがゴキブリの仲間だからでもある。ゴキブリは大嫌いである。なるべくなら触りたくない虫の部類の、今思いつく限りでは筆頭に来る。ゴキブリを見つけたら即殺している。よって、同じ仲間のシロアリも殺す。去年と今年と合わせて、おそらく数千匹のシロアリを私は殺している。これは罪になるかい?神さん。

 
 イエシロアリ(家白蟻):ゴキブリ目の昆虫
 ミゾガシラシロアリ科の昆虫 西南日本に分布 方言名:シルアイ
 シロアリの由来、広辞苑に「体の形はややアリに似る」、「体の色も白い」、「アリに似た社会生活を営み」などとあり、そこから付いたと思われる。ただし、アリは膜翅目の昆虫でハチの仲間。シロアリは直翅目で、ゴキブリの仲間。本種は屋内でも多く見られることからイエ(家)と付いたものと思われる。
 広辞苑にシロアリ目とあり、『沖縄昆虫野外活用図鑑』にもシロアリ目とあったが、かつて、「シロアリはゴキブリの仲間」とシロアリ駆除業者から聞いたことがあり、ウキペディアで確認したらゴキブリ目とあった。『沖縄昆虫野外活用図鑑』の発行は15、6年も前なので、ここはシロアリ駆除業者とウキペディアを信じることにした。
 平地から山地にまでいて、家屋の他、庭木やサトウキビなども加害するとのこと。リュウキュウマツが好物というのは文献にもあったが、木工職人からもそう聞いている。私の部屋ではスケッチブックや書籍といった紙類も多く食われた。
 体長は、有翅虫9ミリ内外、兵虫6ミリ内外、女王30ミリ内外。朝鮮半島、中国、台湾などにも分布する。乾燥した所でも生育する。沖縄では4月から6月に出現し、「沖縄で被害の最も多いシロアリ」(沖縄昆虫野外活用図鑑)とのこと。
 
 巣

 記:2011.7.14 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラヂオ生活 | トップ | ウリハムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。