ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

相互理解という平和

2016年02月05日 | ガジ丸通信-科学・空想

 何年振りか、十何年、あるいは二十何年振りになるか、先週陰夢を見た。最後までいった。もちろん、若くは無いので夢精なんて恐れは微塵もない。
 お相手は若い友人の1人。彼女は可愛い娘なのでそういう関係になっても私に何の不服も無い。であるが、彼女にとっては大いに不服であろう。なので、その時の夢の主人公は私ではなく真迦哉(まかや)である。彼ならば彼女も許すであろう。
 真迦哉は私の夢の中に出てくる主人公。彼はとてもモテる。モテるだけでなく、世のため人のためあれこれ活躍し、社会的にも尊敬されている。現実の私とは大きくかけ離れているので、私は彼を現実の私とは違う別人格の者と捉え、その名を付けている。

 これも最近見た夢であるが、その中では、真迦哉は戦士として戦っていた。戦士と言っても国単位の大きな軍隊ではなく、一地域の防衛隊員で、そのリーダー。相手は他国ではなく宇宙人。見た目は人間そっくりの宇宙人。真迦哉が戦っている時、既に地球の半分は攻め落とされていて、ついに、真迦哉の住む小さな村までやってきたところ。
 真迦哉は頭も良く、武道にも秀でている。それで彼がリーダーに選ばれたのだが、彼は戦うことを好まなかった。「真迦哉は戦士として戦っていた」と書いたが、正確には「真迦哉は防衛隊員として村人を守っていた」となる。地球人と宇宙人との戦いがどういう状況であるか、その情報から「抵抗しても無駄」とも彼は認識していた。

 この夢の中ではっきりと記憶しているシーンがある。真迦哉が宇宙人と会話しているところだ。相手の宇宙人はこの地区のリーダー、司令部に属するような高位の者ではなく、軍隊で言えば下士官、小隊長みたいな者、であるが、思慮深い人。
 「戦わずに降伏してくれんか?」
 「私も戦って勝てるとは思っていない。しかし、攻め入ってきたのはそっちだ。」
 「我々も最初から戦うつもりではなかった。交易を求めたのだが拒否されたのだ。」
 「言うことを聞かないから殺すってことか?」
 「殺すことが目的では無い。事実、我々は平民を殺してはいない。兵隊もほとんど殺していない。我々が攻撃しているのは地球の支配者たちだ。」
 「そうか、で、地球の多くが組織的戦闘不能となっているわけだ。」
 「我々は地球人が真似のできない武器を持っている。我々の勝利は必然だ。しかし、できるだけ生命も自然も傷付けたくないのだ。どうだ、黙って降伏してくれんか?」
 「今の支配者たちを抹殺して、そっちが新しい支配者になるってことか?」
 「奴隷扱いはしない。自由は保障する。これまで通りだ。」

 夢は、実は、真迦哉と小隊長が和平交渉をしているだけで、上記のような細かい会話をしていたわけではない。少なくとも私はそこまで詳しく記憶していない。宇宙人が新しい支配者となるかもしれないということを微かに覚えていて、細かいことは目が覚めてから妄想したものである。和平交渉が上手くいきそうな雰囲気の中で夢は終わっている。
 真迦哉と小隊長はお互いを信頼し合っているようであることも微かに覚えている。そうだよな、信頼が無ければ平和は築けないよな、と夢から覚めた後、思った。
          

 記:2016.2.19 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.2.5 ゴールはもうすぐ | トップ | クロツバメ »