ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

早寝早起き歩く芋生活

2017年06月23日 | ガジ丸通信-科学・空想

 過日、西原町立図書館へ行ってDVDコーナーを眺めていたら1つ目についた。確か、宮沢りえ主演で映画化もされている。タイトルは『はなちゃんのみそ汁』。それを借りて観た。作品は当事者が登場するドキュメンタリー、FBS福岡放送の製作。
 25歳で乳がんが見つかり、闘病中に結婚し、子供を産み、数年後に肺がん、31歳で肝臓がん、33歳で他界した女性とその家族の愛の物語。私の感想では、闘病の物語ではなく、家族の愛の物語であった。死という悲しみはあるが、心暖かくなる物語。
 主人公はブログをやっていたらしい。そのタイトルは「早寝早起き玄米生活~がんとムスメと、時々、旦那~」で、闘病しながらの子育てを書き綴っていたようだ。早寝早起き玄米生活とは、「抗癌剤治療を拒否し、食事療法などによって免疫力を上げる治療を選んだ」ということらしい。結果は残念だったが、それで8年間、癌と闘ってきた。
     

 私の体にもきっと癌はたびたび発生しているはず。私の免疫力が今のところ癌を抑えてくれていて発症を防いでくれているものと考えている。私は普段から「食事によって免疫力を上げる」ことを心掛けている・・・わけではない。貧乏なので芋(サツマイモ)食をしている。芋も買っているのではなく畑の芋、掘ればいつでも芋が出てくる。
 『はなちゃんのみそ汁』の主人公の25歳には遠く及ばないが、私も40歳半ば頃からは早寝早起きを続けている。その頃から玄米食も始め、『はなちゃんのみそ汁』の主人公に先だって「早寝早起き玄米生活」をやっていたことになる。玄米が芋に代わったのは、はっきり覚えていないが、遅くとも2011年からは芋食だったと記憶している。
 私の生活にタイトルを付けるなら、農夫としては「早寝早起き」は当然のことなのでわざわざタイトルに入れる必要は無い。農夫の多くが自給自足なのかもしれないが、私は特にそれを目指している。よって、私のタイトルは「自給自足芋生活」となる。
 と思ったが、『はなちゃんのみそ汁』の主人公が言う「早寝早起き玄米生活」は健康な体を目指してのこと。自給自足は、自然栽培の野菜が健康に良いという可能性もあるが、主な目的は「金を使わない」ということにあり、健康とは離れてしまう。ということで、健康を目的とするならば私の場合も『はなちゃんのみそ汁』にならって、「早寝早起き芋生活」ということにしよう。そして、それにもう1つ、加えたいことがある。
     

 3月初めからの1ヶ月半、介護施設の運転手というアルバイトをやったが、運転の嫌いな私にはそれが大きなストレスとなり、始めた翌日の朝に計ったら、血圧が170を超えた。その後も160台という状況が続き、4月の中頃にはそのバイトも終了したが、バイトを辞めても高めで推移し、150台と160台を行ったり来たりしている。
 血圧が高めで推移している原因について思い当たる節はある。食べているものは以前と変わらず野菜中心の食物であり、早起きについては最近寝坊して7時頃に起きるということもしばしばだが、早寝(10時頃)はしている。以前と何が変わったかと言うと、散歩が趣味であった私が、2年余り前からほとんど散歩をしなくなった。つまり、歩かなくなった。畑仕事を1日中やっていてもその際の歩数は少ない。おそらく1千歩に遠く及ばないと思う。「血圧が高いのは歩いていないせいかも、歩かなきゃ」と思い、5月29日、家から畑を往復した。しかし、その後は怠けている。雨のせいにしておく。
     

 記:2017.6.23 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.6.23 セミも戸惑う気候 | トップ | チョウマメ »