ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ホソヘリカメムシ

2014年08月08日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 ビール好きの敵

 毎年3月になると5月の幸せのためにエダマメを播く。例年だと市販の種を1袋買い、自分が食べる分だけである1畝(約3坪)分、ちょうど1畝1袋で足りている。
  この春(2014年)はしかし、4畝分を播いた。1畝は私が播いたが、残りの3畝は知人のTが播いたもの。彼は、「畑、ちょっとやってみたい」とエダマメ播きの時期である少し前にやってきた。「自分で作ったエダマメでビールなんていかが?」と訊いたら、大いに乗り気になって、種を3袋も買ってきたのだ。

 エダマメは、首里石嶺の小さな畑付きアパートに住んでいる頃から毎年播いていて、4、5年前から始めた宜野湾の30坪の畑ナツヤでも毎年播いて、ナツヤではたいてい、収穫は上出来で、十分満足できるほどビー ルの肴になった。ところが今年は・・・。
 5月、エダマメの収穫時期になったが、収獲量は、私の畝からは私がビールの肴にする5~6分ほどしかなく、Tの3畝からは、全部足して、私の1畝の2倍くらいしか収穫できなかった。エダマメは私の好物(ビール付きという条件付きで)なのでガッカリ。

 エダマメ不作の原因はよく判らないが、ただ、2種の虫が多く付いているのには早くから気付いていた。1種はコフキゾウムシ、これは去年もいたが、そう多くはいない。もう1種はホソヘリカメムシ、これは、去年は気付かなかった。今年はしかし、夥しくいた。子虫も青年虫も成虫もエダマメに集っていた。彼らがエダマメの果実、あるいは葉を食べているのを観察はしていないが、エダマメ不作の犯人はたぶん彼らだ。

 
 ホソヘリカメムシ(細縁亀虫):半翅目の昆虫
 ホソヘリカメムシ科 本州以南、南西諸島、台湾、朝鮮、他に分布 方言名:不詳
 ヘリカメムシのヘリは、漢字で書くと縁となっている。文献にあるヘリカメムシの仲間の写真を見ると、たいてい胴の横の部分に平たい縁(ふち)がついている。それで、ヘリという名が付いているのかもしれないが、正確なところは不明。ホソという名は、その通り、体が他のヘリカメムシに比べて細いからであろう。
 体が細いのと、後ろ足の大腿の部分が太いのが特徴的。『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「子虫は・・・形や行動がアリにそっくり」とあった。擬態ということであろうが、アリに擬態することで敵に襲われにくくなるのは何故か?・・・素人の私には理解不能。
 体長15ミリ内外。成虫の出現時期は周年。寄主植物はセンナなどのマメ科植物や、イネなどのイネ科植物。私の畑のエダマメにたくさんついていた。
 
 斜めから
 
 子虫1  アリそっくり
 
 子虫2
 子虫1より少し成長した姿、成虫の形になりつつある。

 記:ガジ丸 2006.7.2 →沖縄の動物目次
 訂正追記:2014.8.3

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑味の旨さ | トップ | 自由が目指すもの »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。