ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

鉄分過多

2009年06月26日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 私が勤めている会社は零細企業で、会社が企画しての健康診断などやった試が無い。そういう時間的、経済的な余裕が無いのである。健康管理は個人の責任となっている。
 役所から5年に1回くらい「健康診断受けてください」との案内が来る。前々回は行く気無しであったが、前回は、血圧に多少の不安があったので、受けてみようかとちょっと思った。が、あいにく都合つかなくて、行きそびれた。
 というわけで、私はここ20年以上健康診断を受けていない。なので、私は私の健康状態を、主観的にはまあまあ良好と判断しているが、客観的には知らない。

 身長170センチに胴周り75センチなのでメタボとは縁遠い。ただ、血圧が少々高めである。ここ何年もの間、概ね上が140前後、下が90前後で推移している。
 私は子供のころから甘いお菓子よりは塩気のある(煎餅とかポテトチップとか)お菓子の方が断然好きであった。最近、甘いもの(饅頭の類)をよく食べるようになったが、それでもまだ、塩系お菓子が多い。料理も甘い味付けよりは塩味が好きだ。ということで、私の血圧が高めなのは塩分の取り過ぎだと考えられる。
 「最近、甘いもの(饅頭の類)をよく食べるようになった」のは、塩分の摂り過ぎを反省してのこと。スーパーへ買い物に行って、煎餅やポテトチップに手が伸びたときは、2回に1回はその手を引っ込めて、甘い饅頭やら大福餅やらを選ぶようにしている。昨日は煎餅を食ったから今日は饅頭、という風にしている。甘いものを食べ過ぎて糖尿病になるかも、という不安はあまり無い。1日1個位なので、たぶん、「過ぎて」はない。

 最近、摂り過ぎているんじゃないかと気になるものがある、鉄分。
 私の部屋の水道の蛇口をひねると、鉄錆の混じった水が出る。越してきた15年前にそれは気付いており、特に半日以上水道を使っていない場合は鉄錆が多いので、蛇口をひねって、水を数秒間流した後に飲料用の水は使っていた。
  三ヶ月ほど前に私の部屋の水道パイプ交換工事をやった。で、「もう大丈夫」と私は安心して、「数秒間流した後に」をやらずに水道水を摂取し続けてきた。三ヶ月経ってからやっと、鉄錆は以前より酷くなっていると認識し、パイプ交換工事は部屋のパイプ交換であり、道路の本管からアパートまでのパイプは古い錆パイプのままなんだ、ということに気付いた。この三ヶ月私は、鉄錆たっぷりの水を飲んでいたというわけ。
 鉄分過多が体にどのような影響を与えるか不明だが、ここ数年消えていた肩凝りを感じるようになり、この間は、寝ている時に胸の痛みを感じた。関係あるだろうか?
          
          

  沖縄の空は鉄分過多である。沖縄の空には軍用機が多い。最近は特に、沖縄以外の基地からも多くの軍用機がやってきて、訓練を行っているらしい。
 64年前、沖縄の空は今よりはるかに鉄分過多であった。夥しい数の鉄の塊から夥しい数の鉄が「鉄の暴風」と表現されるほどに振り撒かれ、地上もまた、鉄分過多であった。その鉄分は今もなお、不発弾として残り、沖縄の鉄分過多は続いている。
 「鉄の暴風」に比べれば私の鉄分過多などどうでもいい話。今週6月23日は慰霊の日であった。沖縄戦終結(組織的戦闘が終わったとされている)の日。黙祷。
          

  記:2009.6.26 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版092 ウフオバーの実力 | トップ | 瓦版093 土が無けりゃ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。