ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

シンノウヤシ

2017年07月16日 | 沖縄の草木:中木

 南の島といえば椰子の木で、それはその通り、椰子の木は南方出身のものが多く、沖縄にも街路樹や公園に、たくさんの椰子の木が植えられている。それらの椰子の木は、南の島の雰囲気を形成するのに大きく役立っている。
 というわけで、身近に椰子の木は多くある。なので、このガジ丸HPでも既に12種類の椰子の木を紹介している。ところが、『沖縄の草木』のページで紹介済みの椰子の木が何種類あるか数えていて、「何てこった!」ということに気付いた。
 身近にたくさんある椰子の木のうち、最も親しみのある椰子の木がまだ紹介されていないのだ。親しみのある椰子は数種あるが、すでに紹介してある12種類のヤシの中ではココヤシだけである。あとは、このHPを始めてから知ったものばかりだ。

 親しみのあるヤシとはアレカヤシ、トックリヤシ、シンノウヤシである。ココヤシを含めて、これらは若い頃からその存在と名前を知っていた。その中でも、シンノウヤシは別名のフェニックスという名前でよく知っていた。フェニックス→火の鳥である。火の鳥は手塚治虫の『火の鳥』である。シンノウヤシはまた、見た目でも他のヤシとの違いが判りやすかった。葉の色が濃く、幹の凸凹も特徴的であった。
 今週はそのシンノウヤシを紹介する。今週からしばらくはヤシの紹介が続く予定。

 
 シンノウヤシ(神農椰子):公園・添景
 ヤシ科の常緑中木 インドシナ原産 方言名:なし
 神農椰子という字が文献にあったが、何故、神農なのかは不明。神農は広辞苑にあり、「中国古伝説上の帝王。・・・人身牛首、民に耕作を教えた。」とある。体が人間で、顔が牛という農業の神様と本種がどう結びつくのか推測できない。
 ただ、広辞苑の続きに、「五行の火の徳を以て王となったために炎帝という。」ともあった。火の神様から火の鳥は連想できる。火の鳥はフェニックスと西洋では言う。本種の学名はフェニックス(属名)である。そんなところから神農なのかもしれない。
 シンノウヤシという名前よりも、属名のフェニックス、あるいは、種名のロベとかの方が有名かもしれない。園芸店ではその名前で、鉢物として売られている。
 高さは3mほど。こじんまりとしたヤシなので民家の庭にも使える。陽光地を好むが、耐陰性がごく強いので、室内の観葉植物にも向く。葉の根元に鋭い棘があるので、剪定の際には注意が必要。また、あまり風当たりが強い場所にあると、葉が痛む。
 花色はクリーム色、開花期は3月から7月。タイワンカブトムシの食害を受ける。
 
 花

 記:島乃ガジ丸 2008.3.29 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショウロウクサギ | トップ | スイフヨウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。