ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ローリングペーパー

2007年01月12日 | ガジ丸通信-社会・生活

 トイレに入って雲子をした後、トイレットペーパーが無いことに気付く。私の部屋のトイレはヲシュレットでは無い。ペーパーは絶対必需品。一人暮らしを始めてから12年になるが、一人という油断があるのか、そういったことはこれまでに数回ある。
 私の部屋のトイレは和式である。雲子座りから中腰になって、そのままドアを開け、棚にあるトイレットペーパーを取る。幸いにも、中腰のまま届く場所にある。しかし、そのみっともない格好、他人には見せられない。

  トイレットペーパー、初めの頃はその大きさ、見た目なかなか変わらない。その形状からして当然と言えば当然なのだが、使っていくにつれてその小さくなるスピードが速くなる。そろそろ無くなるかなあと思ってからは、あっという間に、と思うほど速い。
 コロコロ音を立てて巻き取られていくローリングペーパー、一巻き一巻きが時間みたいである。終わりに近づくにつれて時間は速く進む。そして、まったく、人生はトイレットペーパーみたいなのである。生まれてから20年位はとても長く感じ、それからはしだいに時間の進み方が速くなる。中年になってからの10年は、青春の頃の1年位に感じる。でも、だからこそ、1年1年を大事にしなきゃあなどと思うオジサンなのであった。
          

  地球の環境汚染もおそらく、ローリングペーパーのようにそのスピードはどんどん増していくのだろう。人類の叡智がそれを止めてくれることを期待する。
 地球温暖化で北極南極の氷が溶け、陸地が少なくなり、その少なくなった陸地を金持ちや権力者に独占され、私のような平民は、沖縄島と共に海中に沈んでしまう、というような状況にならない限り、そして、それに加えて、少なくとも私の周囲(世界平和まで考えないところが平民らしい)が平和でありさえすりゃ、私は何とか生きていける。神頼みなど普段はやらないが、「どうぞ今年も平和でありますように」と、新年になるとたいてい酒を飲みながら、テレビを観ながら、鼻毛を抜きながら、屁をこきながら思う。
          

 記:2007.1.12 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 硫黄島からの手紙 | トップ | 映画黄金週間 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。