ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

独居老人の楽しい暮らし

2015年01月09日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 ブログの引っ越し作業、ネットの繋がる環境へ行って新ブログに記事や写真をアップする作業が主であるが、ネットの繋がらない我が家でできる作業も多くある。新ブログにアップすべき旧ブログの写真や記事をパソコンの中から探す作業だ。
 過去のデータは、整理して外付けハードディスクに収めてあった。それを使えば欲しい写真や記事はすぐに見つかる。ブログ引っ越し作業を始めた時にさっそくそのディスクをパソコンに繋いだ。ところが、ディスクは動かない。何度やってもダメ、諦める。
 過去のデータの一部は家にあるデスクトップパソコンにもある程度収めてあった。そのパソコン、約4ヶ月もの間使っていなくて、久々に電源を入れたらこれも動かない。災難は束になってやってくるようだ。でも、これは諦めることなく、半日かけて自分で修理した。で、何とか使えるようになり、データをコピーできた。
 ではあるが、そのパソコンに入っているブログデータは全体の2割程度。日常使っているノートパソコンにもブログデータは残っている。それも合わせて全体の8割程度はカバーできる。しかし、残りの2割はどうする?・・・心配ご無用、ブログデータのバックアップはCDやDVDディスクにもやってある。用心深い私、どんなもんじゃい。

 2010年に何があったのだろう?と日記を調べてみる。そうか、そうだった、大きな出来事があった、父が他界している。父が倒れたのは4月、死んだのは5月、その後は財産管理などで年末までずっと忙しくしていた。
 そのせいなのかどうか不明だが、2010年の記録がデスクトップパソコンに無く、ノートにも一部しか無く、最後の砦のDVDディスクは何故だか壊れて何も読み込めない。ディスクにデータをコピーした時、コピーができたかどうか私は確認しなかったみたいである。全然用心深くないのであった私は。まあ、そう思ってはいたけど。

 毎日の食事をほとんど自炊している私は料理で包丁を使い、畑仕事でも鎌など刃物を使い、大工仕事でもノミ、ノコギリなど刃物を使っている。全然用心深くない私はそれらでよく傷をこさえる。今朝も包丁で親指を少し切ってしまった。
 傷は油断からもあるが、手元が狂ってってこともある。「手元が狂う」ことが最近増えてきた。年末、かけ蕎麦を食べようとしたら、丼を倒して中味をほとんどこぼしてしまったし、正月、掃除をしている時に額縁を手に引っ掛けて落としてしまった。その時、額縁のガラスが割れて掃除に難儀し、額縁が落ちる時に三線に当り、三線の調弦する棒を1本折ってしまった。それを修理するのも難儀そうな作業だ。頭痛いてぇ~。
          

 先日、夜中3時に目が覚めた。よくある「尿意でトイレ」ではなかった。便意だった。その時ふと、もっと歳取った私を想像した。目が覚める内はいいのだ。目が覚めなかったら面倒なことになる。尿意ならまだいいが、便意だった場合はとても面倒。
 手元が狂って丼を倒して、その掃除をコツコツやっている自分、額縁を落として、粉々になったガラスを片付けている自分、そういった不始末はこれからさらに増え、その内おむつが必要となり、汚れたおむつの始末や汚れた尻周りを洗うようにもなるはず。独居老人、暇ではなさそうだ。ん?暇ではない・・・ということは楽しいかも。
          
 
 記:2015.1.9 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カワウ | トップ | もあい »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。