ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

一人暮らしの不安

2016年04月08日 | ガジ丸通信-社会・生活

 今週のガジ丸通信『一人だけど独りじゃない』で、「私はけして孤独では無い」と言い張ったが、もう少し時が経てば「独居老人」と呼ばれる身分だ。世間からは「家族のいない寂しい人」と見られる。「私はけして孤独では無い」と言い張る立場からすると、この独居という言葉には少々不満がある。「1人住まい」でいいのではないかと思う。
 
 私は元々細かいことに気が利かない、ウチナーンチュに多い大雑把な性質で、うっかりミスによる小さな怪我をよくするし、忘れ物もよくした。中学生の頃、忘れ物で先生に何度ビンタ(当時、体罰は普通)されたことか、懐かしく想い出される。
 オジサンと呼ばれる歳になってからも、日常、大工道具や農機具を使っているので小さな怪我は相変わらずある。忘れ物はというと、「ある」どころでは無く、歳取るごとに酷くなって、今は格段に増えている。携帯電話を忘れ、財布を忘れなどしている。買い物のメモを書いて、そのメモを見るのを忘れて、買いたい物を買えなかったりしている。
 よく行くスーパーが2店舗、時々行くスーパーが3店舗あるが、面倒臭がり屋の私はどのスーパーのカードも持っていなかった。であったが、去年の暮、医療保険の関係で時々行くSスーパーの会員となり、そこのカードを入手した。先日、そのスーパーの50ポイントサービス券があったので、そこへ行った。すると、店前にポイント2倍デーとある。「ラッキー」と思って、急ぎでない物まで買ったのだが、カードを出し忘れた。
 3月のある日、車内常備の鉛筆を図書館で使い、使い終わった鉛筆は上着のポケットに入れた。「鉛筆は車に戻さなきゃ」と思ったがずっと忘れ、別の上着になってからも忘れ続け、畑作業中、ポケットの鉛筆に毎日気付いて「鉛筆は車に戻さなきゃ」と思ってもその5分後には忘れ、鉛筆が車に戻されたのは、3週間近く過ぎてからだった。
 2月のある日、「確定申告の時期だ」と気付き、「役所に行かなきゃ」と思い、役所から近い金曜日の職場へ行ったついでに行こうと決めていたのだが、その日以来、10回近く金曜日の職場へ行ったのだが、「ついでに役所は」ずっと忘れ続け、1ヶ月近くも経ってやっと雨の日の3月9日。役所へ行って、話を聞き、確定申告を済ませた。
          
          

 物忘れはこの先ますます酷くなっていくであろう。その内「ボケ老人」にもなるであろう。今でも「コンロの火を消していないかも」と思って家に引き返すことがある、今のところはたいてい消してあるのだが、ボケたら「コンロの火を消していないかも」と思うこともなくなって、帰ったら火事になっていた、なんてことになるかもしれない。
 一人暮らしの不安はそこにある。自身が意図しない迷惑を他人に掛けてしまうことだ。火事にでもなったら周りの誰かの命を奪ってしまうなんてことにもなりかねない。散歩に出て、帰る家を忘れて、徘徊老人となって、道路に飛び出して、車に轢かれ、轢いた運転手に辛い思いをさせるかもしれない。正常な脳味噌でいる内(今でも正常な脳味噌であるかは少々疑わしいが)に、あれこれ手を打っておかなければならないだろう。
 私の老後、他人の迷惑にならないために誰かに多少の面倒をみて貰わないといけないかもしれない。「生命保険の受取人にするから後の面倒よろしく」と、私より1世代年下の甥や従姉妹たちの子供の誰かに頼むつもりでいる。その際、「俺が倒れても119番するな、病院へ連れて行くな、そのまま死なせろ」と私は遺言状に書くつもりでいる。
          

 記:2016.4.8 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一人だけど独りじゃない | トップ | 終わりが近付く日々 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。