ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

時代の流れ

2005年05月13日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 琉球王朝時代の沖縄は、独立国ではあったが親分が三人いた。直接の上司のような小親分、その上にいる中親分、それらとは別途にアジアの大親分とも関わりを持っていた。
 小親分は薩摩藩、直接的に琉球の富を搾取していた。中親分は日本国、琉球を外国と見なし、薩摩藩が管理していることを認めていた。大親分は中国、時々挨拶に来る琉球をカワイイ子分と思っていたようで、10の土産に100のお返しをする、さすがアジアの大親分と言われる鷹揚な国であった。(今も鷹揚であって欲しいが)
 琉球王朝時代が終わり、沖縄が日本国沖縄県となってから80年程が過ぎて、別の親分がやってきて、沖縄を子分にし、土地を奪い、居座った。その親分の力は大親分をはるかに凌ぐものなので、超親分と呼ぶことにしよう。超親分は30年近く沖縄を支配した。
 とぅー ぬ ゆーから やまとぅ ぬ ゆー (唐の世から大和の世)
 やまとぅ ぬ ゆーから アメリカゆー (大和の世からアメリカ世)
 ひるまさ 変わたる くぬ うちなー (不思議なほど変わってしまうこの沖縄)
 これは、(民謡の好きな人にとっては)有名な琉球民謡、『時代の流れ』の一番。この歌を聞くと私は、私の大好きな民謡歌手、数年前に死んでしまったが、嘉手苅林昌(かでかるりんしょう)をすぐに思い出す。無表情な顔をした林昌がボソボソと唄う姿が目に浮かぶ。林昌を思い出すとまた、『時代の流れ』が真っ先に、耳の奥に聞えてくる。
 この歌は8番まであるが、「大和の世からアメリカ世」の後に「アメリカ世からまた大和の世」という歌詞は最後まで出てこない。つまり、沖縄の本土復帰の前に作られた歌だということ。歌詞の中に「パーマネント」、「踵高靴(ハイヒール)」、「タイトスカート」などの言葉が出てくることから、戦後10年から20年過ぎた頃作られたと想像される。作詞したのは林昌。私がそう思うように、世間でもこれは彼の代表作の一つとされている。
 嘉手苅林昌については思うところが多いので、また別の機会に書くことにしよう。
 「アメリカ世からまた大和の世」という歌詞のある歌を佐渡山豊が唄った。彼の代表作『ドゥーチュイムニー(独り言という意)』の中にその歌詞はある。はっきりは覚えていないが、本土復帰直後に発表されたものだと思う。
 沖縄の本土復帰、本土という言葉がいつから使われたのか知らないが、本土イコール日本国という意識は、生まれたときから私の脳の中にあった。が、『時代の流れ』を聴いたりすると、「沖縄の帰るところは本当に日本国なの?沖縄は沖縄に帰ればいいんじゃないの」などと考えたりする。本土復帰は1972年、その頃、沖縄独立党なんてのもあった。
 「また大和の世」になって30余年、その間、少なくとも平和であり続け、戦前よりもアメリカ世よりもずっと豊かにもなった。ほとんどのウチナーンチュが復帰して良かったと思っていることだろう。山が切り崩され、海が汚れ、町には犯罪も増えたなど悪いこともあるが、生活文化の本土化で、沖縄の心が廃れてしまうと心配する人もいるが、何しろ生きているのである。ヌチドゥタカラ(命こそ宝)なのである。のんびりはしているが、なかなかしたたかなウチナーンチュなのである。これから先も、時代がいかように変ろうとも、沖縄の心はきっと無くなるまい。明後日5月15日は本土復帰記念日。

 記:2005.5.13 ガジ丸

 参考文献
 『正調琉球民謡工工四』喜納昌永・滝原康盛著、琉球音楽楽譜研究所発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな世間に誰がした | トップ | 誰かの幸せのために »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。