ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

風上に置けぬもの

2014年03月07日 | ガジ丸通信-社会・生活

 テレビを観ていた頃、時代劇で「武士の風上にも置けぬ奴」なんてセリフを何度か聞いている。武士にあるまじき行動をした、早く言えば卑怯者などを指していたと思う。
 「風上に置けぬ」を広辞苑で引くと、「(臭気の甚だしいものが風上にあっては風下では耐えがたい意から)性質や行動の卑劣なのをののしっていう」とあった。「臭気の甚だしいものが風上にあっては風下では耐えがたい意から」という語源は初めて知った。なるほどと思った。ネコの糞が風上にあった時などは確かに「耐えがたい」のだ。

 めぇみちおむすびライブのあった25日の朝、畑に出ると、隣の畑のTさんがキャベツの収穫をしていた。無口であまり会話することの無いTさんが珍しく私に声をかけ、彼のキャベツ2玉を投げて寄こした。その時の表情がいつになくにこやかだったので、しばらくユンタク(おしゃべり)した。にこやかには訳があった。
  「キャベツがたくさん盗まれていて、それが何日も続いている。ワジワジー(怒る)して、ヌスルー(盗人)を捕まえてやろうと思い、今朝4時頃から近くで見張っていた。そしたら、車がやってきて、キャベツ畑の前で停まって、人が一人中へ入った。車を近付けていったら逃げてしまったが、ヌスルーの車のナンバーは覚えた。また、慌てたヌスルーが忘れていった包丁もある。これから警察に届けるつもりだ」とのこと。
 翌日、キャベツの収穫をしているTさんに声をかけ、ヌスルーの件について訊いた。
 「犯人は昨日すぐに捕まった。あそこの人だ」と彼が近くの畑小屋を指差した。私の畑の隣はSさんのウージ畑、その隣はSさんの友人(名前不明)のウージ畑、その隣に「O農園」と看板も掲げてある畑小屋がある。Tさんが指差したのはそこ。
 「農作業の苦労を知っている同じハルサー(農夫)が犯人だったのか・・・」と私はとても残念に思った。同じ苦労をしている人間の、その苦労の成果を横取りするなんて、なんて奴なんだ、ハルサーの風上に置けぬもの、じゃないかと思った。
          

 めぇみちおむすびライブのあった25日の夕方、良い天気で、風も心地よかったので宜野湾市我如古にある我が家から、宜野湾市大山にある「めぇみち」まで歩いて行った。1時間近くかかった。その途中、面白そうな飲み屋さんを発見し、「我如古公民館はここにあるのか」と気付き、お菓子屋さんの店前にある看板に「バレンタインデーに素敵な贈り物をもらった貴方・・・」と書かれているのを見て、思い出したくない事を思い出したりした。そんな中で、「おやおや」と思う面白い横断幕にも出会った。
  その幕には大きな文字で「宜野湾市民とジュゴンどっちが大事」と書かれてある。「そりゃあ当然・・・」なのだが、「どこの誰が掲げた幕だろう?」と見ると、その大きな文字の右下隅に「移設推進協」と小さな文字があった。基地移設推進協議会だ。
 移設推進派の感性では「ジュゴンより宜野湾市民が大事だから早く辺野古に基地を造って、普天間基地を移設しよう」ってことなんだろう。ということはつまり、彼らは「辺野古に住んでいる人々はどうでもいい」と思っているみたいだ。「辺野古区民と宜野湾市民とどっちが大事?」という横断幕を隣に掲げたいと、私は思った。
 ジュゴンはまだしも、辺野古区民と宜野湾市民は同じウチナーンチュ、それを差別するなんて酷い奴らだ、ウチナーンチュの風上に置けぬもの、じゃないかと思った。
          

 記:2014.3.7 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観せる唄 | トップ | 新米農夫の試練と夢 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。