ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

虫の気持ち

2010年03月12日 | ガジ丸通信-環境・自然

 日曜日、雨の予報だったので、前日の土曜日は一日畑仕事の予定とした。一坪分を耕して、種を植える。枝豆とジーマーミ(落花生)、どちらもビールの肴に最適。10時から始めて、種蒔きは1時間ほどで終える。一服後、ナンクルミー(自然発生)で、我が物顔に畑に蔓延っている雑草どもを引き抜く作業をする。
 草抜き作業を始めてから1時間もすると汗をかきはじめた。この日の沖縄、最高気温の予報は27度、空に太陽がギラギラと輝いていたので、体感では30度を超えたに違いない。草抜きするしゃがんだ背中に太陽の熱射がきつかった。
 寒い冬が終わって、温かい春がやってくる。それは喜びの時期である。「ポッカポカだね♪」と歌いたくなる気分だ。しかし、その日の暑さは度を越していた。額から顎に向けて汗が伝い、滴り落ちる。半袖Tシャツが汗で濡れる。半袖Tシャツから出ている腕がジリジリと日に焼けていく。そんな中、オジサンは修行僧の如く頑張ったのだが、早々とばててしまった。畑仕事は夕方までの予定だったが、結局、2時にはギブアップ。
 その帰り、友人Hの店に寄った。「暑いな。」、「まるで夏みたいだな。」が挨拶となり、アイスコーヒーが出され、クーラーのスイッチがオンとなった。

  それから四日後の水曜日、この日の沖縄はこの冬(と言ってももう春だが)一番の寒さとなった。3月の気温としては観測史上最低ではなかっただろうか。朝から寒く、前週に既に仕舞っていたジャンパーを出し、それを着て出勤。空が曇り空だったこともあって昼になっても寒いままで、寒い日の恒例となっていた仕事の合間の運動(その場飛びとか)が復活した。夕方、家に帰っても寒い。室温は14度。既に仕舞ってあるヒーターを出すのは面倒だったので、まだ片付けていなかった火鉢に炭を熾す。
 火鉢の炭程度ではさほど温まらない。で、部屋でも運動(スクワットなど)をし、休肝日だったが酒を飲み、仕舞ってあった毛布を出し、10時には布団に潜り込む。つい2、3日前まではパンツと半袖Tシャツ姿に、掛け布団1枚で暑いくらいだったのに、ジャージを着て、布団プラス毛布を掛けている。何という寒暖の差だ!
          

 その日の2日前(月曜日)まで、私の部屋の中を徘徊していたアリたちが、寒くなりだした火曜日の夜から姿を消した。月曜日までアパートの畑をヒラヒラ舞っていたモンシロチョウもいなくなった。虫の気持ちで言えば、「何だよー、春だと思ったのによー、もう大丈夫と思って外に出たのによー、インチキじゃねーか、こんな寒いんじゃあ死ぬしかねーよ。」であろう。モンシロチョウは畑の片隅でこっそりと倒れて、「ちくしょう、騙されたぜ、無念・・・。」なんて、虫の息で呟いたに違いない。
  宜野湾の私が借りている畑には、チョウやアブ、ハチなども多く見るが、コオロギが目立つ。畑を耕していたり、草抜きをしている際に頻繁に見る。過日、蒔いた種に水やりをしていると、水のかかった場所から一匹のコオロギが飛び跳ねた。その時、私の左足が一歩前進の途中であった。左足が地面に着いたその一瞬前に、飛び跳ねたコオロギが着地した。左足とコオロギの着地場所は一緒であった。私はたぶん、生まれて初めてコオロギを殺した。虫の気持ちで言えば、「あー、何てこった!こんな不運があるのか・・・」であろう。コオロギは虫の息でそう呟きながら、死んでいったに違いない。
          

 記:2010.3.12 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供の目線 | トップ | 妄想迷走瞑想 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。