ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

空き缶を叩くような音

2005年02月04日 | ガジ丸通信-政治・経済

 昨日(29日)、零細企業の社長3人と話をする機会があった。3人はGさん、Nさん、Tさん、共に還暦の友人同士。もうそろそろ引退して、老後生活を送ってもいい頃だと思うのだが、そんなことは全然頭に無い。そんなこと考えている状況では無いらしい。
 Tさんの会社(Gさんと同業の設備工事会社)のCADソフトがおかしくなっているから直してくれないか、と頼まれ、Tさんの事務所を訪れた。Nさん(建築設計事務所の経営者)も同行。おかしくなっていることの原因はおおよそ見当がついていたので、頼まれごとは5分で済ます。あとは、4人で仕事の話、パソコンの話などをする。
 GさんとNさんはパソコンを使っている。二人とも50歳をだいぶ過ぎてからパソコンに挑戦している。あれこれ試行錯誤しつつも、使いこなすことができつつある。
 Tさんはパソコンを使っていない。息子さん(若いけれどまだキャリア不足でパソコンの不調を直せなかった)がパソコンを担当している。パソコンを息子に任せ、Tさんは今でも手書きで図面を引いている。細かい線引きなど老眼の目にはきつかろうが、ドラフター(製図板)に向かって黙々とやっているとのこと。
 デジタルの還暦二人とアナログの還暦一人、いずれも零細企業の経営者。長引く不況でパソコンを使える人材を雇う余裕は無い。毎晩遅くまで図面引きに追われているというアナログの還暦さんは、息子がパソコンやってくれていくらかは助かっているが、いずれにせよオヤジたちはみな一所懸命なのだ。生きるために頑張っている。
 さて、世の中のオヤジたちが、かように何とか踏ん張って、かんとか頑張って、この国の何らかの役に立っているというのに、だ。
 野党第一党の前代表が頭を丸めてお遍路しているっていうニュースは半年前くらいだったか。前代表は、この国の将来を見据えてきちんと物事を考える人だ、と私は思って、応援もしていたが、丸刈りから半年過ぎた彼の頭は、毛は生えたが、中身をどっかに置き忘れちまったようだ。もはや、叩いても空き缶のような鈍い音しか出ないようなのだ。
 今朝(30日)、テレビの情報番組で国会での議論の様子を見せていた。現状維持ではない、この国を良くするぞって意欲のある二人の政治家のやり取りを期待して観た。ところが、そんな私の期待は大きく裏切られて、
 「オメエ、トイレに行って雲子を流し忘れただろう。」
 「いや、流した。」
 「いや、流していない。」みたいな議論をしていた。情けないことだ。国会という場で議論するようなことかい、と思ったのだ。缶な音と濃い墨総理のやり取りは。

 記:2005.1.30 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旬菜瞬時 | トップ | 挑戦するオヤジたち »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。