ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

サプリメントは要らない

2013年04月26日 | ガジ丸通信-環境・自然

 若い頃、「俺は頭痛持ちなんだ」というのがまるでカッコイイことのように思えて、頭痛薬を常備し、時々飲んでいた。「俺は肝臓が少しやられている」というのもカッコイイことのように思えて、肝臓の薬(ビタミン剤のようなもの)を常備し、それも時々飲んでいた。頭痛も肝臓の不調も全くのウソというわけでは無かった。その頃、浴びるように酒を飲んでいたので肝臓が弱り、二日酔いの頭痛が日常茶飯であったのだ。
 若い頃は風邪薬や胃薬もよく飲んだ。病気は薬(薬局で売られているものや病院で処方されるもの)で治すのが当たり前と思っていたので、すぐに薬に頼った。
 いつ頃からか、少なくとも20年位前からは私は薬を飲むのを止めた。風邪も腹痛も根性で治すようにした。根性とはつまり、我が身の自然治癒力、免疫力のことだが、それに頼ることにした。薬に頼らなければ自然治癒力が鍛えられる。私はまた、栄養ドリンクはたまに飲むこともあったが、それ以外のサプリメントは全く摂っていない。

 私の父と母は沖縄に昔から伝わる薬草を使った何とか酒、何とか茶、何とかの蜂蜜漬けなどを作り、それらを利用していたが、市販のサプリメントのいくつかも常備し、それらもよく飲んでいた。しかし私は、薬草の何とか酒などは稀に(風邪などの時)飲んだが、「これ体にいいよ」と母に勧められても市販のサプリメントは一切飲まなかった。
  サプリメントを飲まないのは、「普通に食っていれば栄養は足りるだろう、サプリメントは普通に食えない人のものだろう、俺は普通に飯が食えている、よって、サプリメントを摂る必要は無い。」と思ってのことだが、その頃(20年位前)、ある月の模合(正当な理由のある飲み会)の席で、「サプリメントなんて、普通に飯食っていりゃ不要だろう」といったことを私が言うと、模合仲間の一人が「今の野菜は昔の野菜に比べ栄養が少なくなっている、なので、ビタミン剤などのサプリメントが必要になっている」と反論した。
 「そうか、そういうことか」と私は思い、それに対しその場で再反論はできずにいた。しかし、それでもなお、サプリメント摂取に賛同したわけでは無かった。「いやいや、そうはいってもだ]と考えて、後日、「ならば、昔の野菜のようなものを食えばいいんだ」と結論した。昔の野菜、つまり、化学肥料を使わない野菜、有機野菜を食えばいいのだ。
          

  以来私は、できるだけ(財布に相談しつつ)有機野菜を買って食っている。そして、「サプリメントも薬も摂取しない」はずっと続いている。それで私が健康なのかどうかについては明言できない。私はもう30年以上健康診断なるものを受けていないので、私が健康かどうかについては化学的立証ができないのだ。でも今、私はほぼ毎日畑で8時間程度肉体労働をし続けている、それができている。ほぼ毎日酒を飲んで、煙草も吸っている。それらによる体の不具合は今のところ無い。一応、表面的には健康であり続けている。
 ラジオを聴いていると、「痩せるサプリ」、「骨を強くするサプリ」などサプリメントのコマーシャルがいくつも流れる。「食事制限は要りません。飲むだけで痩せます。」とかいうやつ。痩せたいんだったら食事制限すれば良かろう、必要以上に食わなけりゃ良かろう、そうすれば食費も浮くし、サプリメントを買う金も浮く、経済的にも良いじゃないかと私は思うが、そういうコマーシャルが多いということは、それを望む人が多くいるのだと認識できる。欲望を過剰に満たして、そのケアをサプリメントに頼っているわけだ。
          

 記:2013.4.26 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオドウガネ | トップ | オキナワコアオハナムグリ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。