ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

EPOまどろみ音楽

2007年08月31日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 先週末は旧盆、土曜日がウンケー(迎えという意味のウチナーグチ)、月曜日がウークイ(送りという意味のウチナーグチ)であった。例年ならどちらの場合も、実家へは夕方から顔を出せば済み、昼間は自分の時間であった。掃除したり、散歩したり、畑仕事をしたりなどして過ごせた。今年はしかし、母の入院で、私にもあれこれやることが増え、中日を加えた三日間共に、昼間と夕方の二度ずつ、顔を出した。
 8月に入ってから毎週金土日は母を見舞いに病院へ行っている。金曜日は父の食事作りもある。それだけで、週末の散歩と畑仕事をする時間が無くなってしまった。畑仕事は2ヶ月近くやっていない。部屋の掃除は2週間やっていない。トイレ兼風呂場の掃除、及び台所の掃除は4週間やっていない。

 そんな忙しい中、ウンケーの前日の金曜日、コンサートに出かけた。ライブやコンサートに、私はそう行く方では無い(のかどうか、世のオジサン連中はどの程度そういったものに出かけているのだろうか?)。友部正人や高田渡など我が青春の音楽、及び、最近のお気に入りである鈴木亜紀などのマイナー系はさておいて、少なくとも、自ら進んでポップス系の有名どころのライブやコンサートに出かけたことはこれまで一度も無い。でもその日は、初めて、自ら進んで、テレビにも出る、大ヒット曲もある有名どころの歌手のコンサートに出かけた。場所は桜坂劇場、演者はEPO。

 毎度のことだが、私は開演時間ギリギリに着く。場内は、桜坂劇場に似合わず(失礼)満席に近い。でも、私は席を探さない。席では無く、美人妻Iさんを探す。前日のメールのやり取りで、先に着いた方が席を取っておくことになっていたのだ。彼女は約束通り、前後の中央、左右の中央付近に席を取って、待ってくれていた。
 会場は桜坂劇場である。映画館である。舞台にはスクリーンがある。そのスクリーンに映像が映され、音楽が流れていた。EPOの作品のプロモーションビデオであろうと想像できた。映像には沖縄の景色と沖縄の人々が映し出されていた。後で聞いたところによると、その日リリースされた作品のプロモーションビデオとのこと。その作品は沖縄がテーマになっているとのこと。これもまた、後で知ったのだが、EPOは沖縄が大好きで、ほとんど毎年のように沖縄を訪れているとのことであった。

 ビデオが終わって、いよいよEPOの登場。先週、EPOのことを「元気になる音楽」と書いたが、始まって3曲ばかりはアフリカの音のような、大いなる大地が思い浮かぶような、何か宗教的な、精神性の高そうな音楽であった。
  そのような音楽なので、当然のごとく私は瞼が重くなった。寝た、とまではいかなかったが、まどろんだ。EPOの歌声が流れる中を夢うつつの状態で過ごした。
 有名な『Down Town』、『うふふ』などは確かに「元気になる音楽」であったが、最初の数曲は「まどろみ音楽」だと私は感じた。今の私はその「まどろみ音楽」が好みである。思えば、「元気になる音楽」が好きだった15年か20年前、私は元気が無かった(肉体はずっと元気、心がである)のかもしれない。今の私は心身ともに大元気。「元気になる音楽」は特に必要としていない。「まどろみ音楽」が良い。EPOの「まどろみ音楽」は大地にしっかりと根を張ったような力強さがある。スグレモンだと思う。
          

 記:2007.8.31 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版039 脳汁節 | トップ | 太った猿 »

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
浄水器(じょうすいき)とは? (ザ・浄水器 -浄水器(じょうすいき)で失敗しないために-)
浄水器とはどんなもので、なぜ必要なのか、という基本的な部分をまず理解しておきましょう。
山歌 (山歌案内)
山歌の詳しい説明サイトです!ぜひ参考にしてみてください