ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

首里城周辺の他の史跡

2010年12月31日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 高校生の頃、同級生たちには心も体も健康だが、素行は不良という友人たちがいっぱいいた。彼らは部室でエロ本を読み、てんぷら屋(主に天ぷらを売っている食堂)で煙草を吸い、一人暮らししていた私の部屋にやってきては酒を飲んだ。
 タバコを吸い、酒を飲み、年に50回以上も遅刻をし、授業中に窓から抜け出したり、最初から授業を受けずにパチンコ屋へ行ったり、そりゃあ世間から見れば不良だったかもしれないが、我々は、天に向かって言えば、まったく善人であった。暴力を嫌い、人の悲しみを我が憂いとする心を持っていた。仲間同士ではもちろんのこと、他校の生徒と争うなんてことも一切無かった。我々の多くは平和主義者であり、道徳的であった。

  首里高校は首里城のすぐ近くにある。当時、首里城のある敷地には首里城では無く、琉球大学があった。我々は昼飯を食いに琉大の生協へたびたびでかけた。食後の一服は美味いということを既に知っていた我々であるが、さすがに琉大では吸えなかった。琉大から首里高へ向かう途中のある場所で、たいていは一服した。その場所とは園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)という、現在、国指定重要文化財となっており、2000年には世界遺産に登録されという文化財。その裏に回って、食後の一服を楽しんだ。
 園比屋武御嶽石門の扉は木材でできている。裏に回るとその木材部分にたくさんの落書きがされてあった。よくある誰が好きとか、相合傘とか、卑猥な言葉や絵などとかの落書きである。タバコを吸いながら「くだらねぇことするなあ」と思った。タバコを吸う真面目な少年たちは、歴史ある文化財に落書きするような真似はしなかったのである。
 5月に首里城近辺を散策した時、園比屋武御嶽石門の裏にも回ってみた。落書きはまったく無かった。地面の上にはタバコの吸殻も落ちていなかった。

 円覚寺(えんかくじ)
 「臨済宗の総本山。王家の菩提寺」、「池にかかる放生橋は住時のもので、国指定重要文化財」とのこと。私には何の思い出も無い。写真も撮らなかった。

  円鑑池(えんかんち)と弁財天堂(べざいてんどう)
 円鑑池は1502年に造られた池。龍潭と接しており、周囲からここへ水が集まる。ここから溢れた水が龍潭へ流れる。円鑑池に浮かぶ赤瓦屋根の建物は弁財天堂といい、航海安全を司る水の神・弁財天を祀っている。現在は1968年に復元されたもの。
 池には珍しいハスがあるという噂を昔聞いたことがある。他に思い出は無い。
     

 園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
 御嶽とは神を祭り、祭祀が行われる場所。御嶽はこの石門の裏にある。この御嶽は守礼の門のすぐ後ろにあって、王府に関わった重要な御嶽とのこと。
 ここで、健康優良精神優良素行不良少年たちはタバコを吸い、吸い切ると地面に落として、靴で踏み消す。そこは既に吸殻だらけであった。今から思えば、何て無知で、感性の貧弱な少年であったかと反省する。園比屋武御嶽石門にはそんな思い出がある。
     
     

 記:ガジ丸 2006.7.20 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玉陵 | トップ | 首里劇場 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。