ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

A&WとJEF

2010年09月03日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 ハンバーガーと言えば、日本人の多くはマクドナルドを思い浮かべるであろうが、ウチナーンチュは違う、A&Wである、あるいは、その姉妹店のJEFである。・・・と思っていたら、従姉の娘、中学三年生のHに訊くと、「私はA&WもJEFも行かないよ」、「ん?じゃあ、やはりマクドナルドか?」、「んーん、私が好きなのはモス」とのこと。お母さんのTによると、「私はマックが安いからマックがいいんだけどね、モスの方がおいしんだって」とのこと。「A&Wは?」とさらにHに問うと、「A&Wとか、行ったこと無いし、行ったことあるかもしれないけど、覚えてないし」とのこと。
 今の若い女の子にはあまり人気が無いらしいA&Wだが、我々オジサン世代の若かりし頃は、マクドナルドもあったのだが、A&Wを利用することが多かった。ドライブイン形式の店舗はあちこちにあり、ドライブの行き帰りによく立ち寄ったものだ。
     

  A&W、「ゑーゑんどだぶりゅ」と発音する。「ゑ」は「ぃえー」に近い発音。私が若い頃は「帰り、ゑーゑんどだぶりゅに寄って行こうか」などとフルネームで呼んでいた。たぶん、私も含め、私と同世代以上の人達は今でもそう呼んでいる。しかし、私より若い世代の人達は「ゑーだー」とか「えんだー」とか略している。測量会社でバイトをしている頃だからもう25年ほども前、バイト仲間の若い人達が、「ゑーだー行くか」とか「ゑーだーってえんだーのことか」とか言っているのを、前後の話から何の話をしているか想像のできた私は、「ゑーゑんどだぶりゅのことか?」と話に割り込んだ。「あっ、何か、世代が違う。」と以降、オジサン扱いされる。まだ三十手前だったのに。
     
 JEFはそのまま「じぇふ」と呼ぶ。JEFは、私が若い頃は 無かった。若い頃といってもどのくらい若い頃かは記憶が定かでない、もう若くは無かった頃かもしれない。過去のある日、県内のあちこちにあるA&Wの内、古くからある与那原店がJEFになったのを知る。変わったのは与那原店だけでは無く、他にもいくつかあるらしい。
     

 じつは、私はJEFに行ったことが無い。オジサンという年齢になってからはファストフード全般に行かなくなったので、わざわざ与那原まで出かけて、ハンバーガーを食うことも無かったわけだ。与那原の店舗の前は、仕事などで年に数回は通る。なのでA&WからJEFに変わった店舗の外観は見ている。外観は、A&Wの頃とほとんど同じままだ。メニューは?・・・を調べるために、先日、従妹の家に行くついでに出かけた。
  それより一ヶ月ほど前、A&Wの商品券を貰ったので、「A&WをHPで紹介しよう」と思い、私の好きなチリドッグとオニオンリングスを買うべく、那覇新都心にある店舗へ出かけた。オニオンリングスはあったが、チリドッグは無かった。A&Wならではのメニューは他にもジャンボポークテンダロイン(大きなトンカツバーガー)、ロングフートドッグ(普通の倍以上もある長いホットドッグ)、ルートビアなどが昔あったが、現在はルートビアはあるが、他の二つは無い。ただ、ジャンボポークテンダロインは、名前は少し変わったようだが、今でもJEFにはあると聞いていた。
     
     

 ジャンボポークテンダロインは、ジャンボポークサンドと名前を変えていたが、確かにあった。チリドッグもあった。しかし、ロングフートドッグは無く、オニオンリングスも無かった。ただ、「ゴーヤリングス」などという珍しい食 い物があった。輪切りにしたゴーヤーをフライにしたものだが、オニオンリングスの代わりなのかもしれない。他にもゴーヤーバーガーなんてのもあった。県産品愛用ファストフード店のようである。
 A&WとJEF、どういういきさつで別れたのか知らないが、「このメニューはうちのもの」、「なら、このメニューはうちのもの」などという話し合いが、別れる前に両者で行われたのだろう。ルートビアなど同じメニューも両方にあり、そういったことから、別れたにしても激しく対立して別れたのではないな、という想像はつく。 
 いずれにせよ、私にとっては昔馴染みのハンバーガー屋さん、どうせファストフードを食うのなら、A&WかJEFにしたいと思っている。美味しいか美味しくないかは個人の好みだが、私にすれば、ファストフードはどれも五十歩百歩。

 記:2010.9.2 ガジ丸 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロの自覚 | トップ | 千里の道もこつこつと »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。