ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

わざわざわざわい

2007年04月20日 | ガジ丸通信-科学・空想

 何度も言っていることだが、私は幽霊、お化けの類の存在を信じてはいない。ではあるが、何か不思議なことが身の回りで起きたりすると、それらは取り合えず霊のせいということにしている。その方が楽しかろうと思ってのこと。

 その日は朝から変だった。その日というのは先々週の金曜日、ガジ丸通信で幽霊の話をアップした日。低級霊をバカにするようなことを書いた日である。
 朝起きて、くしゃみが2回続けて出た。これはそう珍しいことでは無い。その後、洟をかんだら鼻血が出た。鼻血なんて、記憶にあるのは高校生か浪人生の頃、鼻糞を穿っているときに爪で傷つけて以来のことなので、30年ぶりくらいのことになる。鼻血は左の鼻の穴からで、垂れるほどでは無かった。ティッシュを鼻の穴に突っ込んだら、その先に血がいくらか付いているといった程度。でも、意味不明の鼻血。
 ティッシュを鼻の穴に突っ込んだまま朝飯の準備をする。その日はスパゲッティー。麺を茹でている間に、お茶を入れる。そのお茶をティーバッグに入れる際、茶筒を落としてしまった。床に大量のお茶が散らばった。
 散らばったお茶を放って置いては料理ができない。掃除機で吸い取る。抹茶入り玄米茶だったので、細かい抹茶の粉が掃除機だけでは吸い取れない。拭き掃除もする。そうこうしているうちに、茹で時間12分のスパゲティーが14分となってしまった。慌ててスパゲティーをざるに移し、お碗と皿を準備し、インスタントスープを皿に入れる。お湯を注ごうとした時に、皿と碗を間違えたことに気付いた。

  あたふたした朝であった。あたふたはしかし、老化現象の現われくらいに思っていた。ところが、その日の夜、ワサワサした雰囲気に何度も起こされ、午前2時、これまで味わったことの無い変調を体に感じた。体では無く、体の内部にあるものが小刻みに震えている。長い間震え続け、私はびっしょり汗をかいている。
 バカにされた低級霊が私を懲らしめようと、憑依しに来たのかもそれないと思って、最初は怖かったのだが、「それなら、それでいいや」と開き直ったら、怖さは消えた。怖さが消えたら震えも治まった。汗でTシャツとパンツが濡れていた。

 それから1週間経った先週の金曜日、寝ている間に、ベッドの上部にある柱の角に頭を強く押し付けて、その痛さで目覚めるということがあった。手で触ると、頭頂部に5センチくらいの長さで深い溝ができていた。時計を見る。前週と同じ午前2時。
 目が覚めなかったら、出血していたかもしれない。低級霊をバカにして、わざわざ災いを呼んでしまったようだ。触った神の祟りということだ。しかし、怪我までするということになると、「それなら、それでいいや」と済ますわけにはいかない。といって、見えないものを追い出す術を私は知らない。どうするオジサン、ということで今回は反省文。
 反省しました。私に取り憑いているモノがいたとしたら、もう出て行ってね。
          

 記:2007.4.20 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版028 怠け者の悪魔 | トップ | 高燃費障害 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。