ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

太陽の力

2012年01月13日 | ガジ丸通信-環境・自然

 年が明けても沖縄地方は天気が悪い、お天道様を拝める日が少ない。天気が悪いのは昨年12月から、いや、11月から曇りや雨の日が多い。ちなみに沖縄気象台のデータによると、日照時間が1日に4時間以上あったのは、12月は8日、11月は10日となっている。今年1月は、昨日までたったの3日。今日もまた曇りである。
 気温が10度(沖縄では滅多にない寒さ)ほどしかなくても、太陽が出ていれば、太陽の光にあたっていれば暖かい。そんな時は太陽の有難さを感じる。夏場は悪魔のように感じる太陽だが、冬場は天使のように感じる。身勝手だが。

 改めて思うと、太陽の力は偉大である。地球に光と熱を与える。それによって地球が生きている。地球が生きているので植物も動物も人間も生きていける。
  先月、農業講習を受けた中で、植物の成長の仕組みも教わった。中学の理科か、高校の生物で習ったようなことだ。光合成とか窒素とか二酸化炭素とか、ブドウ糖とかデンプンとか蛋白質とかいったようなことだ。光合成は植物の成長の基本である。その光合成には太陽の力が欠かせない。植物が育たなければ酸素も生まれない。
 太陽の熱で地球はほど良く温められ、生命の育つ環境となる。お陰様で人間も生きていける。また、太陽の光で育った植物を食べて、または、育った植物を食料にする動物を食べて人間は生きていける。まったく太陽様様だ。今年は忘れてしまったが、せめて年に1度は、元旦くらいはお天道様を拝まなければ罰が当たるというものだ。

 全ての生命体を含めた地球全体を生かしてくれる太陽の力、科学的なことは素人なのでよく分からないが、その力はきっと計り知れないものであろう。その力はきっと、原子力発電に頼らずとも人類が生きていくために必要とするエネルギーを十分に供給してくれるであろう。であれば、人類は人類が生きていくために必要とするエネルギーを太陽から頂く方策を考えればいいのだ。科学は最初からその道を行けば良かったのだ。
 何百年も前に太陽電池を発明していれば、今頃の太陽電池はとても発達していて、家々の電気を十分賄い、工場の電気も工場の屋根の面積の太陽電池パネルで賄い、車や電車や船も飛行機もその屋根に取り付けた太陽電池パネルで賄えたかもしれない。
 まあ、夢のような話だが、これから後、世界中の科学者が努力して今よりずっと効率の良い太陽電池はできるに違いない。100年後には実現するかもしれない。

 太陽の力をもう一つ考えた。科学は素人だけど、高校で習った物理を思い出して、その記憶が正しければ、太陽は原子力によって光や熱を生んでいる。つまり、太陽は巨大な原子力発電所といえる。なので、光と熱だけでなく放射線も生んでいる。
 太陽の放射線は地球にまで届き、人畜に有害な大量の放射線を送っている。ただ、ほとんどの放射線はオゾン層によって遮られ、地上には届かないらしい。
 ところがだ、昨今、そのオゾン層が人間の化石燃料使用等によって破壊されている。福島からの放射線が怖いからと東京などから沖縄に逃げてくる人が多くいるらしいが、おあいにく様だ、オゾンホールは高緯度に多く、太陽のエネルギー放射は低緯度ほど強い。南の島は東京より太陽からの放射線が多い。どうする?逃げ場は無いぞ。
          

 記:2012.1.13 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大地の力 | トップ | ツメナガセキレイ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。