ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

有ると便利、無いと自由

2010年08月13日 | ガジ丸通信-社会・生活

 6月、白蟻の入った部屋から一時避難のための引っ越しを行う。引っ越し作業をしながら持ち物の整理処分、部屋の掃除も行い、それらに約一ヶ月も費やした。
 私に持ち物が多いのは多趣味だからと、前に(引っ越し作業の途中)ガジ丸通信に書いたが、その持ち物を収納する棚やら箱やらも当然ながら多くあった。白アリに食われた本棚を2つ、ベッドの下の本箱2つを既に処分したが、棚は他に大小7つあり、箱(主に衣装ケース)に至っては押し入れの中に12個、机の下に1個、ベッドの下に4個、外に塗装道具などの入った小さな物置きが1つと、木炭入れの箱が1つあった。
 私は面倒臭がり屋なので、部屋は概ねいつも整頓されている。「面倒臭がり屋なので整頓されている」は矛盾した言い方では無い。散らかっているとどこに何があるか探すのが面倒である。よって、私の部屋は概ねいつも整頓されているのだ。
 物を整頓するためには棚やら箱やらが必要である。この棚には何が置いてある、この箱には何が収まっているなどと分かれば、生活が便利なのである。というわけで、趣味が増える毎に入れ物も増える。生活を便利にするために物が増え、入れ物も増えて行く。

 アパートのリフォームが終わった7月末から、今度は実家からアパートへの引っ越し作業となる。アパートのリフォームをした大工が掃除をしていなかったので、掃除に丸2日かかり、雨天が多かったせいで荷物運びにも時間がかかったが、それでも昨日までに引っ越し作業は8割方終了した。「アパートから実家へ」の半分以下の日数で済んだ。
 「実家からアパートへ」が早く済んだのは、「アパートから実家へ」の時点で持ち物の整理処分がほとんど終わっていたからだ。つまり、運ぶ荷物の量が少なくて済んだのだ。棚を5つと、箱を4つ処分し、その中身の多くも処分している。
  引っ越し後、私の部屋はずいぶんとあっさりしている。四畳半の居間には、小さな飾棚が壁に取り付けられている他、畳の上には三線とギターと長火鉢しか無い。畳間に隣接した一畳ほどの板間にデスク兼食卓、パソコン関連、本棚が置かれ、居間と寝室との間に書類ケースが置かれている。書類ケースも板間に置けないことはないので、パソコン作業、お絵かき作業、調べ物、食事等は、一畳の広さで足りていることになる。
 寝室にはベッドと小さなサイドテーブルと、テレビ及びテレビ台があるだけ。寝室からトイレへ抜ける半畳ほどの板間に、すのこで組み立てた棚があり、そこに大工道具、オーディオ、CD、MD、衣類の一部を収納している。サイドテーブルにもテレビ台にも、すのこで組み立てた棚にも、まだ何かを置くスペースがたくさんある。

 「まだ何かを置くスペース」は押し入れにもある。その空間のほぼ半分は空いている。押し入れに突っ込んだ12個の衣装ケースも、その内4個は空っぽである。
 まだまだ物を置いたり、仕舞ったりするスペースがあるからといって、もうこれ以上物を増やそうとは思っていない。むしろ、まだまだ削ろうと思っている。
 私に必要なのは筆記用具、お絵かき道具、パソコン関連の機械やソフト、音楽を聴く機械(オーディオ)と材料(CD等)、音楽を演奏したり作ったりする三線とギター、そして、日用品、衣類など生きるに関わるものだけだ。物が無ければその分、心の中に自由というスペースが広がるような気がする。それがいいのかどうか、は不明だが。
          

 記:2010.8.13 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農連 | トップ | ほら痔なおーる »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。