ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

キチョウ/タイワンキチョウ

2011年10月31日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 おすぎとピーコほど1

 虫が飛んでいるのを見ると、追いかけて行って写真を撮る。撮った写真と図鑑を照らし合わせて正体を調べる。ガジ丸HPを始めてからはそのようなことが多くなった。
 撮った写真と同じものが図鑑の写真にあることも多いが、判別できない、あるいは、判別しにくいものも少なくない。なにしろ虫は種類が多いだけでなく、似たものも多いのである。似たものが多いだけでなく、オスメスで色形の違うものも多く、また、個体変異なんてのもある。もーわけわかんない!なんてことになる。

 職場の庭で黄色い蝶を何度か見つけ、5、6枚の写真を撮った。それぞれ微妙に形が違うのだが、昆虫素人の私は初め、そのどれもがモンキチョウだとばかり思っていた。黄色い蝶ではモンキチョウしか名前を知らなかったせいである。写真を撮ってから2、3ヶ月が過ぎて、図鑑の写真をまじまじと見続けた結果、それらは種類の違う黄色い蝶であることが判明した。判明したことの喜びも半分あったが、「なんだ、おすぎとピーコほどの違いじゃないか!」と憤慨する気分も半分あった。でも、学問の目から見れば「おすぎとピーコほども違えば、大きな違いだぜ」なのだろう。・・・頭が下がる。

 キチョウ(黄蝶):鱗翅目の昆虫
 シロチョウ科 本州以南、沖縄、東南アジア、他に分布 方言名:ハベル
 ほぼ全身が黄色をしているのでキチョウ(黄蝶)という名。タイワンキチョウと同じくマメ科の植物を食草としているが、タイワンキチョウは山地に多く、本種は平地に多いと文献にある。職場は那覇市の住宅街にある。写真は本種で間違いなかろう。
 体長21ミリ内外。成虫の出現時期は周年。幼虫の食草はマメ科の植物、ナンバンサイカチ、ビルマネム、ハマセンナなど。
 
 成虫   

 タイワンキチョウ(台湾黄蝶):鱗翅目の昆虫
 シロチョウ科 八重山諸島、東南アジアに分布 方言名:ハベル
 先島諸島以南に多く、キチョウに近い種なのでタイワンキチョウという名。
 『沖縄昆虫野外活用図鑑』に「日本では、西表島と石垣島に多く見られ、生息地は山中の谷間に限られる」とある。キチョウのようなものをいくつか職場で発見し、写真を撮った。翅の紋様がそれぞれ違っていて、もしかしたらタイワンキチョウもその中に含まれているかもと思ったが、「山中の谷間に限られる」というのでは、本種は無かろう。
 他にはあまり見られない珍しい生態として、卵を塊で産みつけ、幼虫は共同生活を送ると紹介されている。蛹になる場合も集団で枝や葉脈にぶら下がっているとのこと。
 前翅長23ミリ内外。成虫の出現時期は周年。幼虫の食草はネムノキなどのマメ科。

 記:ガジ丸 2005.10.1  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モンシロチョウ/モンキチョウ | トップ | ウラナミシロチョウ/ウスキ... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。