ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

女の時代

2013年01月11日 | ガジ丸通信-社会・生活

 大晦日から正月三日の夕方まで実家にいた。大晦日は小豆島から遊びに来ていた友人のOをあちこち案内し、夜は飲みに行って、飲み屋から帰るとすぐに寝た。明けて元旦は、Oが一人で首里城観光をしている間、私は実家の掃除。去年7月から義兄が一ヶ月余、その後は甥が一ヶ月余、その後9月の下旬からは友人のI氏が三ヶ月近く実家に寝泊まりした。いずれも「きれい好き」とは思えない男どもであった。ビシッとした掃除をしてくれてはいない。よって、翌二日、そして三日も掃除は続いた。
  沖縄では、正月に親戚回りをする。回る場所はトートーメー(位牌)のある家、回る人は位牌に書かれてある故人とごく近い親戚の人。私が回る個所は4家あり、私の実家に回ってくる親戚は6~7組ある。沖縄にお歳暮の伝統は無く、年始の際に仏壇へ供え物をする。生きている私にあげるのでは無く、ご先祖様への贈り物となる。
          

 年始客はほぼ午後にやってくる。午後はよって、その相手をするために仏間の傍にいなければならない。掃除はよって、午前中に少しずつ。で、三日もかかったわけ。
 午前中に掃除(男共が使った寝具などの洗濯もした)を済ませ、午後は概ねのんびり客を待ちつつ、音楽を聴きながらパソコン作業をしていた。一日だったか、二日だったか、三日だったかもう忘れてしまったが、そのいずれかの日の夕刻、音楽に飽きて、パソコン作業に疲れて、音楽を消し、パソコンを閉じ、久々にテレビを観た。
 画面には明石家さんまと木村拓哉が写っており、その対面には何人かの女性タレントがいた。私はその女性タレントの誰一人名前を知らないし、そのほとんどは見たこともなかった。テレビを観なくなって一年半、テレビの世界は流れが早いようだ。

 その番組は、女性タレントたちが「男に物申す」みたいな内容で、それぞれが「何で男は・・・なの?」と問い、さんまとキムタクがそれに対し意見を言ったり、茶々を入れたりしつつ、笑いを誘うもので、何ら結論を求めるものでは無い。
 「髪を切ったことに気付いてくれない」、「ファッションを褒めてくれない」などと女性たちは言う。「髪を切ったとか、ファッションがどうとか男は興味が無いんだからしょうがねぇじゃないか」と私は思う。どうも彼女たちの話を聞いていると「自分の望む通りに男はやってくれないから不満」のようであった。やるかやらないかは男の勝手だ。褒められることが好きなら女同士で褒め合ったらいいじゃないかとも思う。
 でもしかし、彼女たちの望むようにあれこれやってくれる男はたくさんいて、彼らはモテるのだろう。そうじゃない私のような男はモテないのであろう。

  なんて、ひがみつつ、諦めつつ、もう少し考えてみる。モテるためには女の感性に合わせなければならない。そんな男が増えて、世の中は女の感性で動いていく。男もまた女性化していき、テレビ番組も雑誌も、食べ物もファッションも女性の好みに合わせる。
 「そうか、今は女の時代なんだ」とさんまとキムタクの番組を観ていて私は感じた。しかしだ、私のように女の感性に合わせることを面倒臭がる男は世の中に多くいるはず。男には男の感性があるのにそれを押し殺して女に合わせることが「ホントに幸せか?」と考える男も多くいるはず。だからさ、結婚しない男はこれからも増えていくはず。
          

 記:2013.1.11 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマサギ | トップ | クロサギ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。