ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

スーコー(焼香)

2016年05月20日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 スーコー(焼香)とは、和語で言うと年忌にあたるもの。沖縄と倭国とでは年忌にもいくらかの違いがあるだろうと広辞苑で年忌を引く、年忌は回忌のことで、回忌とは年回忌の略とのことで、その説明文を要約すると、「満1年目を一周忌または一回忌、満2年目を三回忌または三周忌、以下七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌などがあり、仏事供養を行う」とのこと。
 沖縄では一回忌、三回忌、七回忌、十三回忌、二十五回忌、三十三回忌で、三十三回忌のことはウワイスーコー(終わり焼香)、またはウフウスーコー(大御焼香)と言い、これを最後のスーコーとする。沖縄大百科事典によると、十三回忌以降は倭国で始まった仏事らしく、16世紀より前の沖縄では七回忌が最後のスーコーだったようだ。

 父の七回忌は今年(2016年)の5月13日。その頃、沖縄は梅雨時なので雨の心配もあったが、七回忌は墓参りを省いてトートーメー(位牌)を拝むだけも良い。トートーメーは寺に預けており、建物の中にあって、雨降りでも行事ができる。
 その二週間ほど前に、同じ寺で伯母の二十五回忌があった。伯母の子供(私の従姉達)で存命しているのは2人いるが、姉E子は持病があり無理が効かないということで、妹K子が行事を仕切った。K子は仕来りに則り、お坊さんに読経を頼み、供え物もたくさん供え、親戚にくまなく連絡して、十分の香典返しも準備怠りなかった。伯母の妹が1人存命だが、彼女は今帰仁在と寺から遠く、また、高齢ということで不参加。しかし、子供2人に加え、孫、曾孫、玄孫など総勢50名ほどが集まる賑やかな法事となった。
 翌日、K子からメールがあり、「香典返しに持たせた饅頭が紅白になっていた、菓子屋のミスだ、文句を言ったら「全員に正しい物を送り直す」と言うので、住所教えて」とのこと。「25年といったらお祝いとしてもいいじゃないか、白白が紅白になったっていいじゃないか」と私は思ったのだが、女の矜持が許さないみたいである。メールには「腹立った」とも書いてあった。「立派な法事だった、K子よくやった」と皆から褒められることがK子の喜びなのかもしれない。で、小さなミスにも腹が立ったのだろう。
          
 2012年5月13日に父の三回忌があった。まだ実家も残っており、アメリカから姉が帰ってきており、従姉達も手伝ってくれたのである程度仕来り通りに行った。墓掃除をし、仕来り通りの供え物をし、坊さんを呼んで読経もしてもらい、叔父など10人余りが集まった。私も時短にはなっていたが、リストラ前だったので余裕があった。
 翌年10月18日は母の七回忌だった。実家はまだ残っていたが、売却することは決まっており、リストラ後の私にあれこれ手配する余裕もなく、1人の七回忌となった。それでも、甘いワインの好きだった母へ、まあまあ甘目のワインとワインに合うチーズや生ハムなどの肴を供え、ウートートゥ(御尊いという意の祈りの言葉)した。

 父の七回忌、姉はアメリカ在で、弟は千葉在ということもあり、仕切るのは私。K子姉のような「立派な法事」を私はちっとも目指していない。姉の次男が沖縄在なので、彼にとっては二親等である爺ちゃんだ、彼にだけはメールで知らせたが、他の親戚には連絡せず、覚えている人が来てくれたらいいと、自分1人で行うことにした。
 アメリカの姉から「5月13日、父さんの七年忌やるの?」メールがあったので、「やるよ」と返信したので、その日七回忌があることは姉も知っている。ただ、「2時頃から3時頃まで私は寺にいる」といったことは甥だけに知らせていた。

 その日、午後2時に寺へ着き、さっそく法事を始める。私が仏前に供えたのは、数日前にスーパーに頼んであった沖縄の御馳走が盛られたお供えセット、その他その日購入したお菓子、ビール、お茶、仏前に常備してある泡盛、それから、稼げてはいないが私がハルサー(農夫という意の沖縄語)であることの証拠に、今収穫できるエダマメとフーチバー(ヨモギの意の沖縄語)を、エダマメは蒸して、フーチバーはお浸しにして供えた。K子姉の供えたものに比べると100分の1も質素だが、心は籠っていると自負。
 暇なので瞑想などしながら1時間ほどそこにいて、3時に片付けを始める、その最中、連絡してあった甥のTと彼の母親(私の姉)が来る。その数分後には従姉のMも来る。K子姉の仕切った法事に比べると10分の1にも満たない人数だが、それぞれが父の好きだったものを供えて線香を点てた。心の籠った七回忌だと私は思った。
          
 記:2016.5.20 ガジ丸 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由人と野生人 | トップ | ツウと言えばヨウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。