ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

宮崎アニメの魅力

2004年12月17日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 先週木曜日、ネコの糞を踏んで、土曜日の昼食後に、糞を踏んだ靴と糞まみれになった車の運転席のマットを洗った。燦燦と輝く太陽の下に干した。
 その日の夜は那覇で忘年会があった。忘年会の前に、宮崎駿監督の映画「ハウルの動く城」を観ようかと思い、新聞で上映時間を調べる。3時55分開始のがあった。映画館は那覇新都心にある、2時43分のバスに乗れば十分間に合う。途中、新都心の草木の写真でも撮りながら、柔らかな陽射しの中、のんびり散歩しながら行ける。
 アパートからバス停までは5分ほど、余裕をもって10分前に、よっこらっしょと立ち上がった。座卓の上に重ねられていた数冊の本に気が付いた。図書館から借りた本、返却期限は今日、真面目な私はバスを諦めて、本を持って図書館へ向かった。
 実は、図書館のちょっと手前に別のバス停があり、そのバスはモノレール首里駅前で停まる。バスからモノレールに乗り換えても新都心までは30分ほどで着く。映画の前に、草木の写真を撮りながらのんびり散歩する時間は十分ある。
 図書館の20mほど手前にあるバス停を過ぎ、さらに10mほど歩いたところで、バスが通り過ぎた。この路線のバスは20~30分置き、次のバスまでは待てない。本を返した後、首里駅まで歩いた。太陽が輝く中、10月並みの気温の中、汗をかいた。
 のんびり散歩する時間があるかどうか微妙であった。が、思い切って映画館近くの駅の一つ手前、古島駅で降りる。映画開始までの余裕は30分、普通に歩けば大丈夫。
 でも、その時、普通には歩けなかった。新都心には面白そうな建物が一杯あって、あれこれ眺めているうちに映画の時間が迫ってしまった。急ぎ足になり、汗をかき、遅れた。
 忘年会で飲んでいる時に雨が降った。マットと靴を干してあったのを思い出した。
 そんな、不運な日ではあったが、映画「ハウルの動く城」は楽しかった。宮崎駿監督の思想と感性はちゃんと表現されていたと思う。絵もきれいだし、音楽も良かった。が、「千と千尋」に比べると、そう大きな感動は無かった。で、今回は「ハウルの動く城」の感想では無く、2年前の「千と千尋」の感想、友人たちへ送ったメール文をそのまま。

   千と千尋とハリーポッター
 私はハリウッド映画が好きではない。ハリウッド映画の全てがそうだとは思わないが、概ねテレビドラマ「水戸黄門」と同程度に底が浅い。視聴率を稼ぐために妥協したり、あるいは姑息な方法に頼り、または大金に頼り、何かあくせくしているようにしか見えない。
 「ハリーポッター」は退屈だった。善人がいて悪人がいて、どんでん返しがあって、善人が勝つというパターンは予想通り。スクリーンを見ながら、私は「千と千尋」のことを考えていた。「千と千尋」には生命に対する優しさが溢れていた。敵対する者は抹殺しろといったブッシュ的短絡思考では、「千と千尋」の慈愛にはとうてい及ばない。

 記:2004.12.12 千と千尋とハリーポッターは2002.7.27 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知識と感性の飽食 | トップ | 必要な基礎学習 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。