ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ジョウビタキ

2012年12月28日 | 沖縄の動物:鳥

 控えめな女

 私は控えめな女が好きである。控えめで芯の強い女が好きである。「芯が強いから控えめでいられる」とも思っている。そんな女性と親しい付合いをしたことが過去に一人いたが、若い頃のバカな私は彼女が「大事な人」という認識を持たなかったため、掴み損ねてしまった。「しまった!」と気付いた時には手遅れとなっていた。
 私は嘘をつかない女が好きである。ところが、嘘をつかない女は滅多にいない。遺伝的に女は嘘をつく動物だとも思っている。男に対して腕力で劣る分、口で勝らなければならないという遺伝、妊娠、出産、乳飲み子の子育ての間、誰かに助けて貰わなければ生きて行けないという遺伝だ。なので、女の嘘の少々は許しても良いと思っている。
  そもそも、化粧自体が大嘘つきだ。風呂上がりの顔を見て「あんた誰?」と思うほどの化粧をされたのでは、「騙された」と男が思ってもしょうが無い。ではなく、控えめな化粧は全然大丈夫。「あなたのために少し飾りました」という感じがして、却って好印象を持てる。美人で無くともいいのだ。控えめな女が私の好みとなっている。
 だからといって、つまり、私が私の好みをグダグダ語ったところで、私好みの女性が私に寄り添ってくれることは未だ無い。なので、ずっと独りのままでいる。

 さて、鳥の中には、雄の方が派手で、雌が控えめというのも少なくない。今回紹介するジョウビタキの雌も控えめである。雄の実物にはまだ会えていないが、図鑑で見る限りとても派手。だけれども、すっぴんがそんな色模様なので、それは嘘では無い。

 追記:2016年4月1日 10日ほど前ジョウビタキの雄に出会った。私の畑では無く、アパートの隣の畑にいた。

 
 ジョウビタキ(尉鶲)
 スズメ目ツグミ科の冬鳥 方言名:不詳
 名前の由来、ヒタキは広辞苑に「燧石(ひうちいし)を打つ音に似た「ひっひっ」という地鳴きをする鳥の意で、本来はツグミ科のジョウビタキを指したものか」とあった。確かに、ジョウビタキの鳴き声は「ヒッ、ヒッ」(沖縄の野鳥)である。しかし、「ものか?」と断定はしていない。『検索入門 野鳥の図鑑』には「ヒタキとは火を焚くの意で、赤い色をしていることによる」とある。どちらが正解かは不詳。
 ジョウビタキのジョウについては資料が無く不明。広辞苑に漢字で尉鶲とあり、この尉は「能で、老翁。また、その能面」(広辞苑)とあった。能の老翁、及びその能面は映像として頭に浮かぶが、それとジョウビタキとどんな関係があるかについては不明。
 雄の冬羽は派手な色模様とのこと。頭部が灰色、喉と頬は黒、翼は黒く大きな白い斑がある。腰から胸にかけては赤橙色、尾は中央が黒く、外側は赤っぽい。確かに、目立つ鳥だと思う。雌の方は、雄の派手さに比べると地味な見た目。
 全長15センチほど、平地や農耕地などの周辺に生息する。鳴き声はヒッ、ヒッ、またはクワックワッ。沖縄県内には冬期に少数が渡来し、10月~3月に見られる。
 「しきりにぴくりとおじぎをしては尾羽をぴりぴりとゆすぶる」、「見晴らしのよいところにとまるので目立つ鳥」、「低木や藪の多い所、ナンテン、マサキなどの実の多い所を住処とする」などと文献にあった。確かに、見晴らしのよいところにいた。
 
 後ろ姿
 雄の翼は黒く大きな白い斑があるとのことだが、雌にも小さな白い斑がある。
 
 雄 前から
 
 雄 横から

 記:2012.12.27 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『検索入門 野鳥の図鑑』中村登流著、株式会社保育社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日のココロ | トップ | チュウサギ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。