ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

晴耕雨パソコン

2010年11月12日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 長引く建設業不況で、私の勤める会社は仕事が減り、変則雇用(日給制正社員)の私は時短となって、去年(2009年)8月から週休4日となった。金は無いけど時間はある身分となったので、翌9月から土地を借りて(地代は只だが)、自給自足を目指して農作業を始めた。今年3月から時短はさらに進んで週休5日となり、「金が無いなら食い物を作ればいいのだ、よっしゃ、本格的に畑をやるぞ!」と決意した、のだが、
 翌4月に父が動けなくなって、入院して、葬式があって、アパートに白蟻が発生して、実家へ一時避難の引っ越し作業、住む人のいなくなった実家の掃除、物の整理、その後修理の終わったアパートへ2度目の引っ越し作業、そして、相続手続きにも難渋(まだ終わっていない)して煩雑多忙が続き、畑仕事をやっている余裕がなかった。

 食っていけるか不安な経済状況にある私は、食物を得る畑仕事が日常生活の「やるべきこと」の上位に来る。遠方の友が訪ねてきてくれての飲み食いはそれより上になるが、いつも会っている近方の友に「新都心に昼ごはん食べに行くけど、一緒にどう?」と誘われたら、断る。休みの日に、美女にデートに誘われても、それが晴れた日の昼間であったならば、断る。もっとも、美女がデートに誘うことはないので、これは要らぬ心配だ。
 日常生活の「やるべきこと」の上位に来る畑仕事だが、6月に一度草抜き作業をやって以降は放ったらかしであった。畑は荒れてしまっていた。上述のように多忙であったことの他に、今年は雨が多かったということも畑に入れなかった理由の一つであった。その日が雨ということだけでなく、その日晴れていても前日まで雨だった場合は、畑がぬかるんでいて作業ができない。8月まではそんなことが続いていた。
 9月になってやっと晴れる日が多くなって、9月は5回、畑の草抜き作業を行った。9月といえど、沖縄の太陽は鬼のように暑い、1日2時間でバテていた。なので、作業時間は合計10時間にしかならない。10時間では荒れ果てた畑の草抜きは終わらない。10月も草抜き作業が続き、10月末になって、除草作業もやっと終わりそうになった。ところが、相続手続きに問題が生じて、今なお、畑は草抜き作業の中途のまま。

 最近ちょっと(とてもでは無いのがとても残念だが)親しくさせて貰っている美女のSさんは、とても美女なので、飲みに行ったり食べに行ったりした時に、自分でお金を支払う経験はあまり無いと思われる。のであるが、私と私の友人達(Sさんと二人っきりで飲み食いに行ったことは無い)と飲み食いした場合は割り勘となる。「Sさんはいいよ、俺がその分払うよ」なんて言えた筋合いでもないのだが、できれば言いたい。できれば言いたいのだが、言えない。私の経済事情から「できない」のである。
 でも、まあ、そんなことはいいのだ。金は水が流れるが如く、高いところから低いところに流れればいいのだ。「金が無い」のは私の個性ということにして貰って、その上でそれなりの付き合いをしていただければ十分というもの。
 私には私の目指す生き方がある。晴耕雨読ならぬ晴耕雨パソコン。晴れた日には畑を耕し、雨の日にはパソコンに向かいガジ丸HPの記事を書いたりすること。将来、それも数年後という近い将来、それを実現させたいと望んでいる。たまに友が訪ねてきてくれたら言うこと無し。美女が訪ねてきてくれたら果報というもの。高望みはしない。
          
          

 記:2010.11.12 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソーメン生活 | トップ | 不感の達観 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。