ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ビーチ全般

2011年01月06日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 学生の頃、東京に5年間住んでいた。大学入学の年から卒業の年までである。一年余分なのは、大学当局に「もう一年勉強しないと卒業できない」と言われたからだ。
 その5年の間に1回だけ、沖縄以外の海へ海水浴に行ったことがある。沖縄以外の海へ海水浴に行ったのは、これまでの人生でそれ1回きりである。東京在住の叔父さん一家に誘われて湘南海岸へ出かけた。
 私の慣れ親しんでいる海とは違う海がそこにあった。白いはずの砂浜の砂が黒い。砂浜が黒いのは汚れているから、としか判断しないウチナーンチュの青年は、「えっ、こんな汚れた海で泳ぐのか?」と思ったのだが、従姉弟たちは喜んで海に入り、周りにはたくさんの海水浴客が黒い砂に寝そべり、黒い海で泳いでいた。

 「沖縄の砂浜は白い」と書いたが、確かに、夏の太陽がガンガン照り付けていると眩しくて、全く白に近い。であるが、実際には淡く黄色い。その淡く黄色い砂を下にした海の色は、青と淡い黄色が混ざって明るい緑色(エメラルドグリーンとも言う)となる。
 明るい緑色は優しい色で、安心できる色で、いかにも清潔に見える。湘南の海を初めて見た時に、「大丈夫か、こんなところで泳いで。」とウチナーンチュの純朴な青年が感じたのは、明るい緑色の海に長く慣れ親しんでいたからであった。

 沖縄の海水浴場と倭国の海水浴場には呼び名にも違いがある。倭国では○○浜、○○海岸、○○海水浴場という呼び名が多いと思われるが、沖縄では○○ビーチとなる。それはもちろん、沖縄が長い間アメリカの施政下に置かれた影響であろう。海水浴場よりもビーチが言い易い。面倒臭がり屋の多いウチナーンチュ向きでもあったのだろう。ビーチは英語で、beachと書き、「浜辺。砂浜。」(広辞苑)のこと。

 私が物心付いた頃から沖縄の海水浴場はビーチという名前であった。恩納村のムーンビーチ、タイガービーチ、冨着ビーチ、インブビーチ、本島南部の名城ビーチ、新原ビーチなどは1972年の本土復帰前からある有名なビーチである。
 復帰後に誕生したビーチもある。海洋博公園内にあるエメラルドビーチは砂を他所から持ってきて作った人工ビーチである。人工ビーチは他に宜野湾トロピカルビーチ、北谷サンセットビーチ、安座間サンサンビーチなどがある。余談だが、ユクレー島のチャントセントビーチは、北谷(ちゃたん)サンセットビーチから思いついた。
  米軍施設内にある奥間ビーチも有名で、そこはウチナーンチュでも利用できたが、那覇から車で3時間ほどの距離があって、私も過去2度ほどしか行っていない。米軍関係では他にホワイトビーチ、ブルービーチなんてのもあるが、そこらは海水浴場では無く、前者は軍用の港湾施設であり、後者は海兵隊の演習場である。

 ビーチにはトイレ、更衣室、シャワー室、飲食店などの施設があり、そういったところは概ね有料である。ホテルの管理するビーチは高い。いろいろ施設は付いていても、地方自治体の管理する宜野湾トロピカルビーチ、北谷サンセットビーチなどは無料となっている。無料のビーチのシャワーは水しかでないことが多い。
 個々のビーチについては、今後ボチボチ紹介していきたいと思っている。写真は南城市にある安座間サンサンビーチ、斎場御嶽(せーふぁうたき)からの眺め。
     

 記:ガジ丸 2008.1.6 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テーゲー | トップ | 沖縄の冬の心地良さ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。