ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

静かなるNO

2014年03月28日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 母の生前、亡くなる2、3年前のことだったと覚えているが、ある日、「今日は私が御馳走するよ」と寿司屋に誘われた。「寿司屋なら飲むべ」とバスで実家へ行き、母の運転する車で寿司屋へとなった。夏休みで来沖していた義兄も同席した。その帰り、私はバスで帰るつもりだったので寿司屋を出て、別れを告げようとしたら、
 「送って貰えよ、お母さんは車の運転が好きなんだ」と義兄が言った。「この人は何を言っているのだろう」と思った。年寄りが運転好きなんて本気で思っているのだろうか?そのまま家に帰れば5分で済むのを、私を送るとなると40~50分は運転しなければならない。まして夜だ、緊張の運転を年寄りが好むと本気で思っているのだろうか?もちろん私は、義兄の言葉を無視して、母に手を振ってバス停まで歩いた。

 父の生前、亡くなる1年ほど前のことだったと覚えているが、ある日、実家へ顔を出すと、父と姉夫婦との間に何か言い合いがあったみたいで、父が自分の部屋に入り、義兄と二人だけになった時、「お父さんがはっきり意志表示しないからいけないんだ」と義兄が言った。何があったか訊かなかったが、姉夫婦が父に何か要求をし、父はそれを嫌がったが、姉夫婦が強引に進め、それを父が怒ったということだろうと推察された。
 姉も義兄も要求がしつこい。私も何度か嫌な思いをしている。「それは嫌だな」と断っても、しつこく要求し、自分の思い通りに事を運ぼうとする。2人ともアメリカ生活が永い。アメリカ社会はそういう社会なのかもしれない。拒否する時は大声で、時には怒りを顔に表してまで「NO!」と叫ばなければならないのかもしれない。
 ウチナーンチュの概ねは大人しい。他人に何か頼まれて、それが嫌であっても強く拒否することはあまりない。たいていは優しい声で「それはできません」となる。父も母もウチナーンチュらしくそういったタイプである。他人に何か頼まれた時、「嫌」とはっきり言うと相手が傷付くかもしれないという優しさである。それでも嫌な時は嫌と言う。嫌の言い方が「それはちょっと嫌だなぁ」といった具合で、優しく静かである。そういった言い方が姉夫婦の耳には拒否には聞こえないのかもしれない。
          

 ウチナーンチュは概ね大人しい。「怒り心頭に発する」ようなことはあまり無い。「怒髪天を衝く」ような表情をあまり見ない。私が生まれてこの方、少なくとも私の周りのウチナーンチュで激しい怒りを表した人は、勉強しない私に手を焼いていた母の数回と、感情を顕わにすることを少しも躊躇しない姉の数回を覚えているだけだ。
  「普天間基地は県外移設」と言っていた現沖縄県知事が、「5年以内に基地の運用停止を要求しているから・・・公約違反では無い・・・」などと訳の解らない曖昧答弁を繰り返しても、それに対しウチナーンチュ達の概ねは激しく怒らない。「普天間基地は県外移設」を公約に選挙を戦い当選した議員達が、その公約を撤回してもウチナーンチュ達の概ねは激しく怒らない。だけど、激しくは怒らないが、強く「NO」とは思っている。そして、静かに「NO」と言っている。拳を振り上げたらその時点で平和でなくなる。「静かなるNO」は優しさであり、平和を愛する心の表れだ。その声を聞いて欲しい。
 ※怒り心頭に発する=「激しく怒る」(広辞苑) 
 ※怒髪天を衝く=「頭髪の逆立った、ものすごい怒りの形相」(〃)
          

 記:2014.3.27 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墓参り | トップ | ニセダイコンアブラムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。