ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ナリヒラダケ

2017年07月16日 | 沖縄の草木:中木

 私は、世の中を舐めており、人生というものについても甘い考えでいる。だから、いつでもなんにしても、たいていは「何とかなるさ」といった気分で生きている。これまでの人生で、「何とかなるさ」と思って何とかならなかったこともたびたびあるが、うまくいかないことも負けることも、いろいろあってこその人生であろうと開き直って、やり過ごしている。まあ、心理学的に言えば、逃避ということであろうが、沖縄の風土は優しい。そんな生き方でも十分やっていける。東京の都会の中で、辛い思いで毎日を生きている人がいれば、沖縄の風に吹かれてみるといい。気分変わるかもしれない。

 甘い考えの私は、学生の頃も真面目じゃなくて、ほとんど勉強をしなかった。文学部出身ですというのも恥ずかしいくらい、その方面の知識は少ない。特に、韻文(詩・短歌・俳句の類)が得意でない。深く考えなくても済む雑文は得意で、そういった読み物は多く読んでおり、そういったテキトーな雑文を書くのも得意である。なわけで、ガジ丸の記事も高尚なものとはならないのである。真面目な方には申し訳ないことである。
 韻文が得意でない、と書いたが、詩人では山之口獏が大好きで、俳人では山頭火が私の卒論のテーマだった。よって、山之口獏の周辺の詩人、山頭火の周辺の俳人などの知識はいくらかある。しかし、歌人については、私はほとんど知識が無い。

 ナリヒラダケを調べる過程で、在原業平という名前がでてきた。できの悪い日本文学科出身の私でもその名前は知っていた。平安時代の歌人ということまでは知っていた。広辞苑にあった説明のうち、「六歌仙・三十六歌仙の一」については、そういうのも、そういえばあったっけとうろ覚え。「容姿端麗、放縦不羈、情熱的な和歌の名手、色好みの典型的美男」については、まったくの初耳であった。小野小町は知っているけどね。歌人というよりも美人ということでね。美男子には興味無いもんな。敵のようなもんだし。
 ※注、韻文とは逆に「数・音節数などの制限のない通常の文章」(広辞苑)のことは散文という。本題には関係ないことだが、文学的な知識を少しでも見せたくて。

 
 ナリヒラダケ(業平竹):添景
 イネ科タケ亜科の常緑高木 原産分布は四国、九州 方言名:なし
 ナリヒラダケを広辞苑でひくと業平竹と漢字があてられている。ということは、その名の由来は在原業平からきているのかと思うが、何故、業平なのかが解らない。手元に植物の語源に関する文献が無いので調べようも無い。まあいいか、で済ませる。
 と思ったが、ふと、広辞苑の「ナリヒラダケ」の次の項目に目が行く。「なりひらづくり(業平作り)」なるものがあって、「在原業平のような身のつくり。いかにも美男子らしいなりかたち」と書かれてあった。在原業平は美男子の代名詞らしい。女でいう小野小町のようなものだ。○○小町が美人を指すように業平がつけば美男子というわけだ。ということでナリヒラダケは、「美男子らしいなりかたち」をした竹ということになる。
 その通り、ナリヒラダケは葉に班が入り、幹も紅紫色で美しい。全体の形もすっきりしている。小型の竹なので、小さな庭の添景に使える。高さ5~8メートル、径2~4センチ。鞭根性の竹で、根茎は地中を這い、広がる。

 記:島乃ガジ丸 2005.10.10 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トックリラン | トップ | ナンテン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。