ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

誰かの幸せのために

2005年05月20日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 古き良き時代の沖縄は、敷地の塀(主に石垣)もそう高いものでは無く、大人の目線からだと中を覗くことができた。門に扉は無く、いつも開放されている。塀沿いの道を歩きながら中を覗いて、家の人の姿が見えて、ちょっとユンタク(おしゃべり)したいなと思ったら誰でも中に入ることができる。開放されているのは門だけでは無く、建物もまた、嵐の日でもない限り戸は開け放たれている。門を入り、庭を通って縁側に向かいながら家の人に声をかける。 
 「ちゃーびらさい(ごめんください)」と言い、返事を待つことなく縁側に腰掛ける。
 「あね、誰かと思ったら純一郎じゃない。しばらく見なかったねぇ。忙しいのねぇ。」 
 「いやー、『誰が言っているの?お前が言っているんだ!YouSey民営化』がなかなか上手くいかなくてねぇ。忙しくて、帰ってくる暇が無かったさあー。」
などなどと始まり、しばしのユンタクタイムとなるわけである。
 縁側にはたいてい、お茶の入った急須と湯飲みが、黒砂糖などのお茶請けと共に用意されている。それらは、友人知人親戚、あるいは近所の人たちのためだけにあるのでは無く、ここを通り、喉が渇き、疲れていて、一時休息したいと願う不特定多数の誰かのためにでもある。
 「ちゃーびらさい(ごめんください)」と言い、返事を待つことなく縁側に腰掛けるのは、通りすがりの旅人であってもいいわけだ。
 「あら、見かけない顔だけど、旅のお方?」
 「そうです。すみませんが少し休ませてもらえませんか」
 「はいはい、どうぞどうぞ、どこから来たの?大和からねえ。大変だったねぇ。疲れてるでしょ?黒砂糖でも食べて元気出しなさいね。」などといった光景となる。
 旅人が休息した家がたまたま留守の場合もある。その場合でも、中に入り、縁側に腰掛け、しばしの休息を取り、そして、縁側にあるお茶とお菓子は、許可を得ずとも頂いていいことになっている。誰かの幸せのために用意されているのだ。役に立てばお茶もお菓子も本望というもの。
 そんなことができたのも、人が人を十分に信頼できる環境にあったからこそ。もしも、旅人が悪い奴で、家のものを盗んでいったとしたら、それはごく珍しい不運であったに違いない。そして、そんな不運は、宝くじの1等に当たるくらいの確率でしか起こらなかったに違いない。
 田舎では、今でも縁側にお茶とお菓子が用意されている地域もあると聞くが、そんな素敵な風習、現代の沖縄のほとんどの地域では、もはや廃れてしまっている。家を開けっぴろげなんかしておくと、宝くじの6等に当たるくらいの確立で不運に遭遇してしまう。
 「昔は良かった」・・・なんてことは、実は、無い。昔が良かったのはごく一部のことで、生活の大部分は現代の方がずっと良い。洗濯機がある、掃除機がある、テレビ、冷蔵庫があり、パソコンでインターネットができる。飛行機に乗って、その日のうちに東京へ行ける。電車に乗って懐かしの吉祥寺にもその日のうちに行ける。スーパーに食い物は溢れている。コツコツ働いていれば飢え死にすることは無い。こんな便利で楽な生活を捨てて昔の暮らしに戻る?なんてとんでもない。人情よりも食い物が溢れている今の方がずっといい、と私は思う。
 とは思うが、「金さえありゃ」という社会に生きている以上、ある日突然、首を絞められ、金を奪われ、海に投げ捨てられるかもしれないというリスクは常に伴っている。いつ交通事故に遭遇するか知れないし、不治の病に冒されるかもしれない。会社が倒産して路頭に迷う状況になるかもしれない。楽な暮らしの裏側にいつも不安を抱えているわけだ。
 そんな不安を抱えつつ、少なくとも日常の生活は平和でありたい、と望む。そのためには周りの人たちと仲良くするとか、困っている人がいれば助けてあげるとかすればいいのではないか、そんな宗教家みたいなことを最近考えたりする。見知らぬ誰かのためにお茶とお菓子を用意するなんてことも、実は、平和であることを望む心の表れだったのかもしれない。
 幸せになった不特定多数の誰かはきっと、自分を攻撃したりはしない。つまり、敵にはならない。敵がいなければ平和は保てる。平和が何よりと思う人にとって、誰かの幸せのためになることは自分の幸せのためでもある。平和よりも大事なものがあると思っている人も多いので、軽々しくは言えないが、靖国問題。A級の人を別にすれば隣近所も文句を言わないだろう、仲良くしてくれるだろうと私は思うのだが、そう簡単な問題では無いのだろうな。

 記:島乃ガジ丸 2005.5.20

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代の流れ | トップ | 歯の生えない子供たち »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。