ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

叫びを静かに歌う人

2009年05月15日 | ガジ丸通信-文学・美術

 私は家にインターネットを引いていないので、ガジ丸HPやブログのアップ、個人的なPCメールのやり取り、知人のブログを読むなどは、金曜日の職場でやっている。
 家にインターネットは無いが、平日(月~木)も内勤の時はインターネットを利用している。職場のパソコンから役所の、公共工事関係の資料を見たり、積算のための情報や、CAD関連の情報を見たり、取引先とのメールのやり取りをしたりする。
 社長には内緒だが、職場のインターネットを個人的なことに使うこともある。めったにないことではあるが、飲み会のお知らせなどを元同僚達にメールしたりする。それから、インターネットでニュースも時々見ている。インターネット画面を開くと、ヤフーもOCNも最新ニュースを載せているので、気になるものは記事を読んでいる。

 先週金曜日、知人のブログを覗くと、二人のブログに忌野清志郎についての記事があった。私と同世代のMさんは娘からのメールでそのことを知り、泣いたと言う。私とは二世代若いSさんもまた、思い入れの強い内容の記事であった。
 「忌野清志郎が亡くなった」というニュースはテレビでも大きく取り上げていたので私も知っていた。ところが、私は忌野清志郎について思うことがほとんどない。彼の作品で知っているものといえば最初の頃の『僕の好きな先生』くらい。
 情熱、熱く燃える、戦う、叫ぶ、などということを私は苦手としている。なので、熱い心を持って叫ぶようにして歌う忌野清志郎も苦手にしている、と思われる。

 忌野清志郎の訃報から数日後の先週木曜日、インターネットのニュースに、私にとっては忌野清志郎よりずっと関心のある記事があった。漫画家やまだ紫の死。
 今は全くと言っていいくらい読まないが、10年ほど前までは、私は漫画をよく読んでいた。買ってまで読んでいた。よって、私の部屋には数多くの漫画本がある。その中でやまだ紫の本は、いしいひさいち、大友克洋、手塚治虫、ますむらひろし、白土三平、東海林さだおに次ぐ数。さっき棚の奥にあるものも出して数えたら10冊あった。
 私は少女マンガが苦手で、大きな目にキラキラと星が輝いているのが苦手で、女流漫画家は皆そのようなものだと思っていて、作家が女性名の漫画本は、大人になるまで手に取ることもなかった。が、「大きな目にキラキラ星」では無い女流作家もいることを知ってからは、何人かの女流作家の本を買っている。やまだ紫はその内の一人。

  最初に読んだのは、たぶん20年ほど前、本のタイトルは『空におちる』。絵には空間が多く、線は細く少ない。でも、絵の表現している空気は解りやすい。文章は多い。多くて達者。漫画なのにまるで純文学のような、心にずっしりとくる読後感。「こりゃあ面白い」とファンになり、その後、彼女の本を買い求め、読んだ。
 彼女の作品には怒ったり笑ったり泣いたり、憎んだり愛したり拗ねたり、彼女の、もしくは彼女の想像する日常生活が描かれている。ギャーギャー喚いたり、ドロドロしたりの現実の生活を、彼女は冷静な目で表現する。「何という理性!」と思う。思いながら、その淡々とした表現に私は魅入られていく。ギャーギャー騒ぐな、落ち着いて話せ、と、私は熱く叫ぶ人にいつも思うのだが、彼女こそ、叫びを静かに歌う人であった。

 なお、彼女のブログに彼女の夫の記事があった。合掌。

やまだ紫(本名白取三津子)は2009年5月5日
午前4時16分、永眠しました。享年60歳でした。
4月26日未明に脳出血を起こし、病院へ搬送しましたが、
手術も虚しく、5日の早朝に亡くなりました。

やまだ紫を愛してくださった皆様、ありがとうございます。
本人は亡くなりましたが、作品は残ります。
これからも末永くご愛読いただければ、幸いです。

2009年5月6日夕
白取千夏雄(夫)
          

 記:2009.5.15 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見聞録029 ほったら菓子 | トップ | 発明034 時計仕掛けの俺ん家 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。