ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

家族の縛り

2015年12月25日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私は子供には好かれる方である。年寄りにも好かれる方である。それはたぶん、私が彼らに対し優しさオーラを発しているからだと思われる。
 人の優しさを必要とする者を私は無意識に順位付けている。一に子供、二に年寄りとなっている。ということで、子供や年寄りには優しく接するが、オジサンオバサンにはあまり優しくない。オジサンオバサンは自分の責任で一人で食い物を得ることができ、他人の優しさは、あってもいいが、無くても一人で生きていける種類と思うからだ。
 オジサンオバサンでも男女に差はある。女は、特に美人だと優しくしたいと思う。男の場合は優しくしようなどとはちっとも思わない。同じ男、同じオジサン、何も言わずとも互いに適当な距離感を保って付き合えるであろうと思うからだ。
          

 さて、妙齢の美女にはあまり好かれないが、年寄りには概ね好かれる私、数年前のある日、宜野湾の畑で作業をしていると、散歩途中らしき婆様に声を掛けられ、以後、友人となった。彼女は近くに住むZ婆様、70代後半なので婆様と呼んでもいいのだが、本人は自分がそうであるとちっとも思っていない。「そうは全然見えないでしょう?」と言うけれど、私には十分そう見えている、口にはしないが。ただ、その元気さに関しては口ほどの若さはある。声は大きいし言葉もはっきりしている。そして、よく歩く。
 ほどなくして、彼女は私を家に招いてくれた。彼女は2DKの小さな一軒家の借家に住んでいた。彼女には同居人がいて、その時紹介された。同居人はH爺様。2人に婚姻関係は無い。詳しくは聞いていないが、婆様は元公務員であったH爺様の年金を頼って、爺様は婆様がやってくれる炊事洗濯といった家事を頼ってのことだと思われた。

 先日、夫婦別姓の最高裁判断がどうのこうのとラジオのニュースで聞いた。私は夫婦別姓に賛成である。別姓でも互いを思いやり、互いに優しさがあれば夫婦は夫婦だと思っている。ついでに言えば、家族制度が無くても、つまり、戸籍上の家族でなくても、互いを思いやり、互いに優しさがあれば家族は家族、夫婦は夫婦と思っている。
 家族制度というものはむしろ、庶民より官僚にとって都合の良い制度であろう。庶民を管理する上での都合だ。「この人と一緒にいたい」という心の問題は自由にして欲しいと思う。嫌になったらいつでも自由に別れることができた方が良いと思う。夫婦別姓だからといって婚姻関係という縛りが無くなるわけではないだろうが、1つの姓という縛りが無くなるだけでも少しは自由な気分になれる。夫婦別姓については、家族の絆が薄れるという意見もあるが、逆に家族の縛りが薄れると考えれば良い制度だと私は思う。

 3週間ほど前、H爺様から「引っ越した、彼女とは別れた」との電話があった。先週土曜日、引っ越し先を訪ね、H爺様から詳しい話を聞いた。一方の当事者だけからの話なので真実であると断定はできないが、別れた理由は、爺様の言葉だと少々きついので、解りやすく言うと「金遣いが荒いから」とのこと。金に対する価値観が違ったようだ。
 結果的に別れても、それはそれで私は良いと思う。Z婆様とH爺様の関係は自由なのである。嫌だと思ったら「もうこれ以上一緒には暮らしたくない」と言える。私もいつかはこういった「自由な関係で良し」とする女性に巡り合いたいと願う。
          

 記:2015.12.25 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.12.25 夏のクリスマス | トップ | オオタカ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。