ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

本の本分

2011年10月28日 | ガジ丸通信-社会・生活

 父の残した書籍は約300冊ほどある。このうち表紙がぼろぼろ、中の紙もよれよれとなっているもの、及び、父の仕事に関係する資料などを除いて、読む人がいるであろう、または、本としての価値があるであろうと私が判断したものが約200冊あった。
 沖縄学関連、戦争関連、政治関連が多くを占めるそれらの書籍、身内で欲しいと思う人がいればあげてもいいのだが、いない。沖縄学の書籍の中には価値のあるものが十数冊ほどあるが、それらに多少なりとも関心があるのは私くらいで、私としても「いつかは読むかもしれないが今は要らないもの」なので、さて、これらをどうするか考えた。
 古本屋に売れば、もしもその古本屋に本を良く知るオヤジがいれば、「ふん、ふん、これは価値があるもんだね」などと高く引き取ってくれるかもしれないが、若造しかいない古本屋だと二束三文の値段になるであろう。それでは本が可哀そうである。

 二ヶ月ほど前、父と私の母校であり、現在、従姉の娘Sが通っている首里高校へ電話した。図書館へ父の蔵書を贈呈したいと申し出たら、「それはぜひ」となった。図書館が要るもの要らないものを判断できるようにと数日後、実家へ行き、父の蔵書を一列に並べ、タイトルが見えるようにその写真を撮り、つまり、父の蔵書のリストを写真で済ませたというわけだが、その写真数枚に、贈呈する旨を書き添えて封書に入れた。それは8月の終わり頃のことであった。引っ越しのための荷運びで大忙しの頃であった。
 大忙しでも、実家へ行くと父の蔵書が一列に並べられている。「あー、図書館へ手紙渡さなきゃ」とそれを見るたび思い出す。ところが、封書は引っ越しのどさくさでどこへ行ったか見当たらない。そのうち封書のことを忘れる・・・を繰り返して、

 10月になって、パソコンのセッティング(プリンターと繋いだりなど)を終えて、贈呈書を新たに印刷して、新たな封書に入れ、従姉の娘Sに託し、首里高校図書館へ届けさせる。その返事が10月20日にあり、電話で打ち合わせをしたいとあった。
 24日に電話する。「取り合えず全てを持ってきてもらって」と言う。(取りに来るんじゃないんだ、俺が持っていかなきゃあならないんだ)と思いつつ、
 「いいですよ、持っていきますよ。でも、中には高校生の興味対象外のものもあると思いますが、要らないものはそちらで処分してくださいね。」と応じた。

  その日の午後、約200冊の本を6個の段ボール箱に詰めて、首里高校へ行った。校内に入るのは30年ぶりくらいである。正門は昔のままだが、中に入ると、私がいた頃とはまるっきり変わっている。あんまり変わっているので懐かしさは微塵もない。
 さっそく担当者と会い、あれこれ話をする。「政治家(野中広務とか小泉純一郎とか管直人とかその他諸々)の著作など、高校生は興味無いでしょう。」と言うと、
 「いえ、生徒では無く、教職員の中にそういったものに興味があって、欲しいという者が何人かいるんですよ。」との答え。(なーんだ、先生が欲しがっているのかよー)と、政治を志す高校生がいるかもしれないという淡い期待が外れて、私はがっかり。
 でもいいのだ。自分の蔵書が誰かの役に立つとなればグソー(後生)の父も喜ぶであろうし、家で眠っているより誰かに読んで貰う方が本の本分というものだ。
          

 記:2011.10.27 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケラ | トップ | ビーチパーティー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。