ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

スイフヨウ

2017年07月16日 | 沖縄の草木:中木

 スイと聞くと、先ず、水(みず)を連想する。水は人が生きていく上では欠かせないものだからである。次に水曜日を連想する。月曜から水曜まで休肝日にしている私は、水曜日の夜、その寝る前が最も幸せな時となっている。「明日は飲めるぞ」って思うだけで嬉しくなる。おそらく、その時の私は、だらしなく顔が緩んでいるに違いない。
 スイはまた、粋を連想する。粋(いき)なオジサンになりたいと常々思っているからだが、残念ながら今のところ、思っているだけで終わっている。

 スイフヨウのスイは酔ということだが、その意味は下記に書いてある通り、酒に酔った状態に喩えてとのこと。面白い喩えで、私好みの名前である。ではあるが、その酔という字、これはスイと聞いて私が連想する順番では吸(息を吸うというとても大事なこと、唇を吸うということも大事)の次、5番目となる。酒が好きなのに意外と思われるかもしれないが、酔からは泥酔、酔拳くらいしか思いつかない。
 ところが、酔をヨイと読むならば話は違う。ヨイを漢字変換すると、良い、好い、宵など有名な字がいくつか出てくるが、ヨイを見て真っ先に私の頭に浮かぶのは、ほとんど間違いなく「酔い」となる。酒に酔い、音楽に酔い、妄想に酔う。スイフヨウもヨイフヨウという名前にすれば、私に忘れ去られることはなかろう。

 
 スイフヨウ(酔芙蓉):添景
 アオイ科の落葉中木 原産分布は本州以南、南西諸島、他 方言名:フユー
 フヨウの1品種。花の色が咲き始めは白で、夕方になると紅色に変化する。それを。酒を飲んでしだいに顔が紅くなることに喩えてスイ(酔)とつく。フヨウは白から桃色に変化するらしいので、ほろ酔いとなるが、本種の方は本格的に酔っていることになる。
 フヨウと同じく一日花、朝に咲いて夜にはしぼむ。一重のフヨウに対し、こちらは八重咲きの花。オジサンの好きな酔だが、子供には覚えにくいかも。八重咲きフヨウか、または、葉の切れ方が深いので、楓葉フヨウという名前で良かったのではないか。
 高さは3mほどになり、陽光地を好む。八重咲き花は大きく優雅で、葉はフヨウより一回り大きい。当年枝に花芽がつく。開花期は10月から12月。
 
 朝の花
 
 夕の花

 記:島乃ガジ丸 2006.11.1 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンノウヤシ | トップ | セイロンマンリョウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。