ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

楽しみを見つける楽しみ

2005年11月25日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 フォアグラもキャビアも要らない、蟹も松茸も和牛も要らない。毎日、玄米と味噌汁と納豆と少しの野菜さえあればいい。豪華マンションや庭付き一戸建てでなくていい。雨露しのげる六畳一間があればいい。ブランド物の衣服なんてまったく用は無い。2000円のジーパンと500円のTシャツ、冬には3000円のジャンパーがあればよい。
 などと、宮沢賢治みたいなことを私は実践しているわけでは無い。ただ、少なくとも以上のような条件さえあれば、私は楽しく生きていけると思う。そういう訓練を、そうしようと思っていたわけではないが、なんとなく私はやってきていると思う。
 1本の大根を、あるいは、1玉のキャベツを、何種類もの味に料理する術を私は持っている。料理が好きであるとの理由もあるが、料理してくれる女性に巡り合えなかったという悲しい理由もある。理由はどうあれ、自分で工夫して、作って、食べる。たまには冒険もしてみる。失敗も時々あるが、どっちにしろ楽しいことである。
 月曜日、仕事が休みだった私は、いい給料を貰う身分でありながら脱サラして、今は農夫となっている友人Tを、彼の畑に訪ねた。Tは、上は中学生だったか、下はまだ小学生にもならない、合わせて5人の子持ちである。子供たちに金がかかるのはこれからのことである。それでも、人に言わせれば無謀な冒険を、彼はやる。「楽しくなければ人生じゃない」などと思っているのかもしれない。人生の中に楽しみを見つける感性と技を、彼は備えているのかもしれない。農夫らしく真っ黒に日焼けした顔は、いかにも元気だった。
 彼から貰った無農薬の野菜を、近くに住む別の友人へ分けることにした。その友人は、私が長い間、週末出かけて行ってはパソコンを教えているH。覚えの遅い出来の悪い生徒であったが、最近やっとメール送信ができるようになり、フォルダ管理など他の作業もいくらかできるようになった。カタツムリの速さではあるが、少しずつ進歩はしている。
 Hには夢がいっぱいある。その夢の実現のためにパソコンが必要で、まったくゼロからの出発ではあったが、来年早々にはHPを開設することができるようにまでなった。彼のHPは夢の実現の一つの手段であるが、「HPを開いた後、こんなことになったらこうしよう。あんなことになったらああしよう。」などと夢の広がりはどこまでも続く。そんな話を聞いている私までもが楽しくなってくる。Hもまた、すこぶる元気であった。
 これからの人生に楽しみがあることは大事なこと。そして、「楽しみを見つけることそのものを楽しむ」こともまた大事だと思う。夢の実現は楽しいことであり、夢を語っている時間も楽しいというわけだ。Hの夢はもちろん、実現可能な夢である。だから、それに向かって努力する。その努力もまた、彼は楽しんでいるみたいなのである。
 水曜日に、友人のYに電話した。「イラスト描きの仕事がある。上手くいけばいくらかの収入になるかもしれない。挑戦してみない?」と訊いた。Yはしばらく、何やらモゴモゴ言った後、「辞めとくよ。俺には無理だよ。自信が無い。」と返事した。私には意外な返事だった。少なくとも「面白そうだな」という言葉は聞けると思っていた。やらない前から無理と決め付けるのは、自信が無いというよりも、元気が無いということの現われではないかと、Yと同じ年代でありながら、「明日に向かって元気ハツラツーッ!」なTやHのことを思い出しながら、私は思ったのであった。

 記:2005.11.25 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷惑なテーゲー | トップ | 南の島は暴力夫がいっぱい »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。