ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

クスマヤー

2010年12月31日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

  ウチナーグチ(沖縄口)を知っている人なら、「何て下品なタイトル」と思うに違いないクスマヤー、クスは糞、マヤーは猫、で、糞猫という意味になり、私の畑を便所にしている近所の糞猫どものことを指している・・・のでは無い。
  マヤーは、猫を指す名詞であるが、マユンという動詞に、「その動作をする人」という意味になる接尾語erをつけてマヤーと発音すると、また別の名詞にもなる。マユンは、和語の「放る」(ひる。体外へひりだすという意)に近い意味を持ち、クスマユンは「糞をひる」ということで、クスマヤーは「糞をひる人」ということになる。
 このクスマヤーが、子供の頃、相手を罵る時に使われた。他にもポッテカスーとかトットローとかわけの解らない言葉があったが、このクスマヤーだって、60億人類の全てがクスマヤーであるのに、何故それが罵る言葉になるのかよく解らない。「オマエは、糞マランのか」と反論されたら、「いや、俺も糞マルけどさ」となるのにサ。
 和語に「糞っ垂れ」という罵り語がある。これも別に「糞を垂れている奴」というだけの意味ではあるまい。おそらく、「糞っ垂れ」も「クスマヤー」も人並み以上に糞を垂れている人ということでろう。「糞ばっかし垂れやがって」という罵りなのであろう。

 今週月曜日の夜8時過ぎからほぼ24時間の間、「糞ばっかし垂れやがって」という意味の、私はクスマヤーであった。高校の時のウナギ、大学の時の生カキ以来という重症食中毒に罹り、悪寒、吐き気に襲われ、そしてミジグス(水糞)を一晩中垂れ続けた。
 ミジグスとは沖縄語辞典には載っていない俗語であるが、その意味は説明不要だろう。ただ、その時のミジグスは酷いものであった。馬の小便を見たことがあるだろうか、ドバドバドバとものすごい勢いで放出される、そのようなミジグス。これを私は、パップギミジグスと名付けたい。パップギはパップギユン(破裂する)の形容詞形。ちなみに、下痢の標準的なウチナーグチはクスフィリーと言う。ついでに、「糞をする」はクスマユン、またはクスマルと言うが、上流家庭の上品な言い方もある。ウラタチュンという。ウラは裏、昔の屋敷では、便所は家の裏にあったので、ウラというと便所を指した。タチュンは立つ。つまり、ウラタチュンは「トイレへ行きます」ということ。確かに上品。
     

 記:ガジ丸 2006.2.24 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長生きの秘訣 | トップ | 告別式 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。