ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

有志たちの集い

2015年05月22日 | ガジ丸通信-政治・経済

 先週日曜日(10日)、友人Mに誘われ、落語を観て、その後、夕食も一緒した。その席上、「次の日曜日、辺野古基地反対の県民大会があるけど?」と、それへの参加をやんわり勧められた。彼はマスコミ業界にいて、彼の会社も主催の1つとなっている。
 「いや、バイトも始まるし、畑仕事もあるし、参加できないと思う」と私もやんわりと断った。もちろん私は、辺野古基地反対の立場だし、県民大会にはたくさんの人が集まってくれることを願っている。その思いはMにも十分伝わったと思う。
 5月17日、辺野古反対県民大会が沖縄セルラースタジアム那覇で開かれた。主催者発表では3万5千人の参加があったとのこと。話半分だとしても1万8千人程、私はそれで十分の多さだと思う。天気の良い日曜日、家族でお出かけしたい日和だ、それを犠牲にしてまでの参加は1人で2人分の価値はある。また、参加したいけど都合が悪くできなかった人も多くいよう。そういった人達も含めれば3万5千人を遥かに超えるだろう。

 私はその日朝からバイト、同級生のN社長が経営する農場に朝7時に出勤し、サウナのように激しく蒸し暑いハウス内での作業を4時間ほどやって、11時には終業。友人のG夫妻は9時出勤、同じくハウス内での作業をやって、彼らも11時に終業。その後、事務所でN社長も含めた4人でしばらくユンタク(おしゃべり)した。
 ユンタクの主な内容は「ハウスの中は激しく暑い」ということであったが、4人のそれぞれのこの後の予定なども話した。私は私の畑へ行き農作業、N社長は神社の祭りがありそれに参加、G夫妻は辺野古反対県民大会へ参加するとのこと。
 翌日、バイト先でGと会い、県民大会の話を聞く。
 「いやー、会場はいっぱいだったよ。混んで大変だった。」
 「主催者発表で3万5千人って言っていたけど、そんなにいた?」
 「プロ野球も開かれる野球場が満杯なんだ、その位は十分いただろう。」
 主催者発表を話半分としなくても良かったわけだ。嬉しい気分になる。ウチナーンチュがこれだけ気合を入れて反対しているんだ、もしかしたら・・・と期待も持てる。
          

 嬉しい気分になることは他にもあった。それより数日前のニュースだったか、「宮崎駿監督が辺野古基金の共同代表になった」とラジオから聞こえてきた。辺野古基金についてはさらにその前のニュースで知っていたが、より正確に知るためにネット版の新聞記事を読む。辺野古基金とは「辺野古への基地建設を断念させる活動を支援しようというもの」で、当初の共同代表には県内の政財界の大物たちの他、菅原文太さんの妻の菅原文子さんともある。生きていれば菅原文太さん自身が共同代表になったのであろう。
 菅原文太という名前だけでも嬉しいのに、最近になって宮崎駿監督も加わった。その作品を観る限り、平和をこよなく愛する人である。「辺野古への基地建設を断念させ」たいウチナーンチュにとっては心強い協力者となる。私はとても嬉しく思った。
 あんまり嬉しいのでちょっと妄想に走る。私が女だったらぜひとも、たとえ一瞬でもいいからこんな女になりたいと思っている、簡単に言えば我が敬愛する女性、吉永小百合さんが共同代表に加わる。そうすると、政治家のオッサン達にはサユリストも多いはず、小百合様が言うのであれば、と辺野古への基地建設を断念するかもしれない。
          

 記:2015.5.22 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.5.22やっと梅雨入り | トップ | 蕎麦屋 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。