ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

芋の時代再来

2011年01月07日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 かねてから考えていたことを、今年は実現に一歩近付ようと一年の計として決めた。一歩近付けるのである。実現は来年以降の話である。鬼が笑うが。
  先ず、計画を文書化し、スケジュールを立てる。そして、実現に必要な情報を集め、具体的な方法を考え、決定し、スケジュールに組み入れる。予算や時間に無理が無いと判れば、実行する。絵に描いた餅にはしないつもり。予算や時間に無理が無いという条件下では、やはり、実行は来年以降となりそうなのである。鬼が笑うが。

 芋を作る。塩の作り方を覚える。以上を最初の目標とする。芋があり、塩があれば少なくとも生きていける。その次に、水の確保(雨水などを溜める)、トイレを作り、小屋を建てる。衣食住の住とい うことである。これについては10年後の目標となる。

 『芋の時代(ンムヌジダイ)』という琉球民謡がある。古い唄だが、私は、2、3年前に民謡スナックで飲んでいた時に聴いて、初めて知った唄。その時に「良い唄だ」と気に入ったのだが、今、その曲や歌詞を思い出すことができない。その曲が収録されているCDも手元に無い。が、工工四(くんくんしぃ:琉球民謡の楽譜)はある。
 『芋の時代』は歌詞が5番まである。その5番を和訳の意訳をすると、

 三度三度の食事を芋と塩でお腹を満たし、生き延びてきた。
 それは親のお陰、その恩を忘れてはいけない。

となる。歌全体の大意も概ねそういうことになっている。

  昔の沖縄では、庶民の主食は芋であったらしい。戦中、戦後のしばらくもそうであったらしく、私の父は子供の頃ずっと芋ばっかし食わされたと聞いている。 
 私が子供の頃はもう、三度三度の食事は概ね白いご飯であったが、芋の食卓も稀にあった。芋を主食として、汁物がつき、おかずはスクガラス(小魚の塩辛)、またはスクドーフ(豆腐の上にスクガラスを乗っけたもの)などがあった。塩辛は塩分たっぷりである。『芋の時代』の歌詞にある「芋と塩でお腹を満たし」に近い食事であった。

  芋はデンプン質が多く、米などの穀物と同等の主食になる。さらに。ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、野菜の代わりにもなる。これ一つでご飯とおかずを兼ね備える優秀な食品なのだ。足りないのはタンパク質くらいらしい。タンパク質は豆腐に豊富。そうか、だから我が家の芋食卓にスクドーフが添えてあったわけだ。

 沖縄では芋の葉も食べる。芋の葉のことをカンダバー(蔓葉)と言い、カンダバージューシーは子供の頃何度も食べている。今回参考にした『甘藷の文化誌』には、カンダバーも含めて、芋の食べ方もいろいろと紹介されてあった。このHPでも既にウムクジソーミンを紹介しているが、芋のデンプンからは麺も作ることができる、などとわざわざ述べるまでも無い。芋のデンプンは春雨の原料にもなっている。
 なお、芋は単位面積当たりの供給熱量が米の約2倍あるらしい。つまり、1人が生きていくための量を、芋は米の半分の面積で供給できるということ。そういったことも含め、芋が不況の世の中を救う作物になるかも・・・といった話は後日、別項で。
     
     
     
     

 記:ガジ丸 2009.1.1 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『甘藷の文化誌』比嘉武吉著 比嘉菊発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間に余裕のない年齢 | トップ | 花見 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。