ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

三つあるといいね

2007年02月02日 | ガジ丸通信-科学・空想

 私の右腕は頼りになる右腕である。有能でよく働いてくれる。コップを持ち、酒を口に運んでくれる。箸を持ち、肴を口に運んでくれる。ペンを持ち、絵を描いてくれる。パソコンのキーボードを叩いて、文章を書いてくれる。まったく、役に立つ右腕である。
 今、その右腕の手助けをしてくれる右腕が欲しい。特に、パソコンのキーボードを叩いている時にそう思う。キーボードを叩いている間、その両手を休めないまま、マウスの操作をして欲しい。コーヒーを口に運んで欲しい。煙草を持っていて欲しい。
 ということを、琉球大学工学部の教授であるKRさんに話したら、自在に動くもう1本の腕は技術的に難しいとのこと。だが、遠い将来には可能になるかもしれないとのこと。
 ネズミの家の出入口は「二つあるといいね」だが、私の腕は「三つあるといいね」となる。いや、三つだとバランスが悪いので四つにしよう。四つの腕はベッドの上でも大活躍する。私は仕事がデキル上、モテル男にもなるわけだ。はっ、はっ、はっと高笑いしたい気分になる。私の未来はバラ色である。

 妄想が暴走してしまった。「自在に動くもう1本の腕は技術的に難しい」とKRさんが言っていたんだ。もしも、そのようなものが実用化されたとしても、それが一般に出回るようなお手頃価格になるまでにはなお20年、30年先であろう。その時、私は生きていたとしてもあの世が近い老人だ。仕事がデキル、モテル男になってもしょうがない。

 仕事で、私はCAD(図面を引くソフト)の他、エクセルをよく使う。見積書や役所へ届ける書類などである。エクセルの各セルの中に数値や文字を入れる作業で、隣のセルに移動するのはキーボード上で楽にできるのだが、離れたセルに移動する際はマウスを使った方がずっと楽である。3本目の腕があれば、両手をキーボードから離すことなく、望む場所のセルへ素早く移動し、素早く数値や文字を入れることができる。
 3本目の腕は、やはり欲しい。とても役に立つに違いない。腕が難しいなら、と、別の方法を考えた。腕がダメなら足を使えば良い。足は既に存在している。

  スリッパ形のマウスを考えた。マウスに対抗して名前をキャットとする。ネコの形をしたスリッパとなる。親指に力を入れると左クリック、小指に力を入れると右クリック、中指近辺に力を入れるとホイールを押すことになる。足を床につけたまま上下左右に動かすのは、そう面倒な運動では無い。慣れれば素早い動きができるであろう。

 スリッパ型で無く、平板でも良い。その平板の上に足を乗せる。平板の下にはローラーがついていて自由自在に動く。平板はいろいろな姿にできる。ネコ型、イヌ型、ブタ型にして、それらの絵を描ける。左の目が左クリック、右の目が右クリック、鼻がホイールとなる。もちろん、私のように品格の高い人であれば、すぐに想像できると思うが、名前をリンダとかキャサリンとかにしても良い。そのような色っぽい美人の姿にして、右乳首クリック、左乳首クリックとしても良い。そんなのあれば、すぐ買います。
          

 記:2007.2.2 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 踊る納豆、踊る妄想 | トップ | 幸せの量り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。