ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ドタバタ時代劇

2011年10月21日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 去年亡くなってしまったが、藤田まことが登場する。老人である。剣客である。思慮深く、正義感の強い人である。藤田は漢方学の知識もあり、自分で薬草を栽培し、また、野原から集めたりしてさまざまな薬を作り、周囲の人に役立てている。という設定。 
 その日、藤田は薬研(やげん)で薬種を挽いている。その傍に真田広之が正座して、黙って師匠の藤田を見ている。真田は顔色悪く、苦痛の表情を浮かべている。
 「お前さんの病は薬で治るもんと違うなぁー、あるいは、呪術にかけられているやもしれんなぁー、宇舞坊に診て貰うと良い。取り合えず痛み止めを飲んでおけ。」
 藤田はそう言って、できたての薬を真田に手渡し、湯呑に白湯を注ぐ。真田は渡された薬を白湯で流し込み、「ありがとうございます」と深々と頭を下げる。
 「そうですか、呪術ですか、そう言われれば心当たりが無いこともありません。早速、宇舞坊を訪ねてみます。」と言い、師匠の元を退いた。
 宇舞坊の庵は下町の長屋の一角にあり、その一室の地下に祈祷所のような施設がある。真田は痛む右足(ここに呪いがかかっている)を多少引き摺りながら祈祷所へ入り、宇舞坊による「呪術を解く呪術」を受ける。そして、いとも簡単に足は治る。

 真田に呪いをかけたのは平幹二朗、裏社会では怪人として恐れられている悪人。以前、平の野望を真田が打ち砕いたという因縁がある。以来、一旦は姿をくらました平であったが、最近になって江戸に戻ってきたという噂を真田も耳にしていた。
 (・・・長くなるので中略・・・)
 いよいよ、真田と平の対決の時が来た。戦う前に双方の人数と武器を互いに提示するというルールがあった。真田側は真田を入れ4人の武士(他三人は竹野内豊、豊川悦司、藤木直人であった)で、武器はそれぞれの大小の刀。平側は平と3人の覆面(忍者)で、武器は平が大小の刀、忍者は忍者の武器(小刀、手裏剣、鎖鎌、まきびしなど)の他、2人の忍者が吹き矢を持ち、それぞれ2本ずつの毒針を所持していた。
 武器をお互いに提示するというルールであったが、実は、真田側に反則(正義のくせに反則)があった。豊川は彼の恋人長澤まさみから「相手は飛び道具を持っているのよ、あんたもこれを持っていて」と6連発式拳銃を渡され、懐の中に隠し持っていた。
 (・・・長くなるので再び中略・・・)
  竹野内は逃げた。忍者3人が追いかけてくる。平は遠くでふんぞり返っている。真田と豊川と藤木は戦いが始まってすぐに毒矢が命中して倒れた。竹野内は逃げながら「何で主人公があっさり死んじまうんだよー」とぶつぶつ呟いていた。
 虫の息の豊川に「あんたー!」と長澤が抱きつく。「すまんな、せっかくの短筒、慣れないもので1発も当たらなかったぜ。」と、これが最後の言葉だった。
 竹野内は全力疾走しながら「ひょっとして俺が主人公になるのか?」と思った。その時正面に平が仁王立ちしていた。平の刀が上段から頭に振り落とされた。「馬鹿なこと、このドラマの主人公は俺だちゅーの。」と平は言い、高笑いを響かせた。

 秋の夜、窓辺からの涼風に包まれて、気持ちの良い眠りに浸っている私は一晩にいくつもの夢を見る。上記はそんな夢の中の一つ。記憶に残っていたので書き留めた。
          

 記:2011.10.21 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリモドキゾウムシ | トップ | ケラ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。