ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ゥワーバグトゥ

2005年07月01日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 沖縄は梅雨明け以来、ずっと太陽が厳しい。強烈熱線がガンガン照り付けるので、西向きに大きな掃出し窓が二つある私の部屋は暑い。夕方家に帰って中へ入ると、ほぼ蒸し風呂のような状態になっている。こんな中では風呂上りのビールも爽やかでは無い。飲んだ分だけ汗が吹き出ることになる。だから、この時期は風呂前のビールとなる。
 昨日は休肝日で無い日(働肝日とでもいうのか)であったので、飲む。モズク酢とオクラの酒蒸し油味噌添えなどを肴にビールを1缶飲み、泡盛の水割りを飲む。9時頃になって、風も少しは涼しくなり、たっぷりかいた汗もひいてきたので、シャワーを浴びる。その頃にはもう酔っている。さらに、シャワーでさっぱりして気分は上々。
 いい気分でパソコン開いて、ガジ丸ホームページの更新作業をする。ガジ丸写真館へ新しい写真の名前など入れている作業の時、ふと、料理の手順などは全部ひっくるめて同じアルバムに入れるより、料理ごとに別アルバムにした方が見易いのではないかと思いついた。泡盛の水割りは4杯目になっていた。私は酔っていた。
 「これはいい考えだ」と、写真館の改造に取り組む。料理だけでなく、雑談もいくつかに分けた方がいいなとまた余計なことを考え付き、それにも着手する。ガジ丸写真館は、ふと思いついたにしては大掛かりな改造となった。私は酔っていた。
11時過ぎ、泡盛がさらに進んで、もう何杯目かも判らなくなった頃、ひょっとしたらまずいことになっているかもしれないと思うようになる。この作業、しらふの状態でも5、6時間はかかる作業ではないかと、ぼんやりした脳の奥で気付き始める。気分がしだいに重くなる。「面倒なことになったかも・・・」という思いを残したまま、「えーい、うるさい!面倒なことは明日考えよう」と作業を中断して、さっさと寝る。
 今朝、しらふ状態でパソコンを開く。酔った頭で取り組んだリフォーム作業は、何をどうしたいのかすぐには判断ができない。朝2時間かけて、やっとどのような形にすべきかが見えてきて、金曜日の職場に出てきてからの4時間で何とか上手くリフォームする。
 今日は新ノートパソコンのいろいろな設定作業などやることがいっぱいあったのに、それらにはほとんど手をつけられず、緊急のことでは無い、もしかしたらやらなくてもよかったかもしれない作業に時間を費やしてしまった。
 やらなくてもいいことをやって、わざわざ難儀するようなことをウチナーグチ(沖縄口)でゥワーバグトゥという。ゥワーバグトゥにはまた、かえって状況を悪くする意味も若干含まれている。日光にも雨にも強く腐れにくい木材で作った犬小屋に、わざわざペンキを塗るようなことは、せっかくの木目が台無しになり、ペンキで皮膜を作ることによって木材が呼吸できず耐久性も弱くなる。このような時、ゥワーバグトゥはピッタリはまる。
 私も子供の頃よくゥワーバグトゥをして親に怒鳴られた。良かれと思ってやったことが子供の浅はかな考えで、かえって親の仕事を増やしたりしてしまったのだろう。
 世間ではしかし、悪しかれと思ってやるゥワーバグトゥが上司や社長に褒められる会社もあるようだ。逮捕された4人は営業の前線にいる下っ端に過ぎない。彼らの悪しきゥワーバグトゥを喜び、褒め、その上前をはねる悪はその上にいる連中。4人に10の罪があるとしたら上司は100、社長にいたっては1000の罪がある。日本人の風上にも置けない奴ら、そのうち逮捕され、糾弾されることを願う。

 記:2005.7.1 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨が明ける頃 | トップ | 王手飛車取り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。