ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

久高島の迷う道

2010年12月03日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

  11月も終わりに近いある日、オジサン二人で久高島を散策する。足の裏に優しい、歩くのに適したコーラル敷きの白い道をのんびり歩き、島の空気を存分に楽しむ。港への帰り、白い道から幹線道路と思われるコンクリートの舗装道路へ出た。右手に工事中の看板が立ててあった。
 道路工事らしい普通の看板のようではあったが、何かしら気になって、立ち止まって、じっくりと観た。立て看板は2枚あり、1枚は大きな文字で通行止と書いてあり、もう1枚には回り道という文字とその下に地図が書かれてある。その地図には赤い印が2つあった。それが違和感の原因。
  赤い印は現在地の印。それが2箇所にある。2箇所あるので自分が今何処にいて、何処に向へばいいのかが理解しがたい地図となっている。「今、現在、お前は2箇所に存在する。」とでも言っているのであろうか。さすが神の島なのである。工事看板までもがシュールなのであった。
 
 
 

 記:ガジ丸 2004.12.3 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そびえ立つ珊瑚の壁に挟まれ... | トップ | 冷える線香 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。