ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

引き返す勇気

2009年09月25日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私は日頃、筋力トレーニングをしている、と声高に言うほどたいした量ではないが、まあ、周りの同年代のオジサンに比べればやっており、週末は散歩や畑仕事で体を動かしているので、体力には多少の自信がある。メタボとは全く無縁の肉体である。

 富士山に登りたいと数年前から思っていて、日頃鍛えている(と声高に言うほどたいした量では・・・しつこいか?)私の体力なら十分登れるであろうとも思っていたのだが、諸般の都合により延び延びになっていた。それが今年、従姉も登りたいというので、「なら、一緒に行こうか。」となり、7月下旬から8月上旬にと予定した。
  その前の7月上旬、大東島の旅に出かけた。その二日目、北大東島を歩いて回った。1日3万4千歩、それなりに疲れはしたが、体力に余力は残っていた。「日頃鍛えているお陰だ、これなら富士山も大丈夫だろう。」と、いくらか自信を持つ。しかし翌日、南大東島を自転車で回ったら、前日の半分の時間も動いていないのにひどくへばってしまった。私の体は運動ではなく、太陽の熱さにエネルギーを奪われてしまっていた。
          

 大東島へ出かける前に、富士山登山について多少は調べていた。よく考えれば当然のことながら、真夏といえど富士山の上の方は寒いらしい、頂上近辺は摂氏5度程度まで下がるらしい。そして、空気は登るにつれて薄くなっていくらしい。寒さと空気の薄さは、人の体からエネルギーを奪う。大東島の真夏の太陽に負けてしまった私は、登るという運動による疲労では無く、寒さと空気の薄さに負けるかもしれないと思った。
 で、大東島から帰って、私よりはるかに弱体である従姉に会い、
 「俺でもやっとかもしれないぜ、富士山。」と言うと、
 「私も調べてみたけど、すぐには無理だと思う。」との返事。
 ということで、今年の富士山登山は断念となった。ならば来年、ということもたぶん無い。富士山登山を調べていたら、今、富士山登山はブームとのこと。人がたくさんいるとのこと。自然を味わいたいのに、周りに人ばかりじゃあ、あまり楽しめそうも無い。そういうわけで、私の富士山登山への情熱は今、冷めてしまっている。

  話は少し逸れるが、『くれよんしんちゃん』の作者が登山中に亡くなったというニュースがあった。テレビアニメ『くれよんしんちゃん』、もう何年も観ていない(テレビが映らないので)が、私はファンであった。そのユーモアが好きであった。優れたアニメ及び漫画であったと思う。臼井さん、会ってみたい人であった。合掌。

 さて、富士山に限らず、登山は最近ブームとのこと。特に中高年の登山がブームとのこと。そして、その中高年者の遭難も増えているとのこと。
 長い登りで足腰の筋肉に疲労が溜まり、寒さと空気の薄さで体力を消耗し、肉体的には限界に近いのだが、顔を上げれば頂上が見える。「もうすぐだ、頑張ろう、ここまで来て引き返したら、これまでの苦労が水の泡だ、そんな勿体無いことできない。」などということで無理をする。ここはしかし、これまでの苦労を水の泡にしてまでも、引き返す勇気が必要であろう。ダム建設も完成はもうすぐのようだが、引き返した方が・・・。
          

 記:2009.9.25 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 依存症 | トップ | 子供たちは空を飛ぶ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。