ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

粉の消費期限

2010年12月10日 | ガジ丸通信-社会・生活

 今年の7月の丸一ヶ月間、白蟻の発生したアパートから一時避難のため実家で暮した。日常生活で私は料理をする。で、台所を使う。ということで、すぐに台所の掃除、整理整頓を行った。母が死んで2年半になる。台所は母仕様から姉仕様に変わっていた。
  棚には賞味期限切れの調味料がいくつもあった。引き出しの中には賞味期限切れの乾物系、粉系の食品が多くあった。棚に調味料、引き出しに乾物、粉を収容するのは母も同じだったが、賞味期限切れが大量にあるのは、母にはあまりなかったことだ。
 調味料は、賞味期限切れのモノ、切れてはいないが変質(固まっている)しているモノは全て処分、使えるものは塩と砂糖と胡椒だけだった。塩は私の家にも多くあるし、砂糖は使わないから胡椒だけを持ち帰った。その他、蜂蜜が大量にあった。果実酒か何かに使おうと母が買ったものであろう。どれも賞味期限が数年過ぎている。これはしかし、持ち帰った。蜂蜜は発酵すればアルコールに変わるかもしれないと思ったからだ。泡盛と混ぜて、いつか蜂蜜酒になることを期待して、今、二升分を保管している。
  乾物は、賞味期限切れのものは処分し、そうで無いものは持ち帰った。そうで無いものには板海苔、干し昆布、干しシイタケ、ライスペーパーなどがあり、賞味期限は切れていたが、封の開いていない小麦粉1袋があったので、それは持ち帰った。
          
          

 一ヶ月ほど前、久々に下痢をした。軟便はたびたびあるが、勢いよく放出する便は久しぶり。3、4ヶ月ぶりといったところ。未明に1回、朝2回トイレに駆け込んだ。
 前夜特に変なものを食った覚えはないので、「何か悪い病気か?」と、慶良間の旅以来肉体的不調が続いていたので少々不安になった。「心臓は大丈夫、肩凝りも大丈夫」などとしばらく考えて、「いや、待てよ、もしかしたら」と、あるモノに思いあたった。
 前夜何か変なものを食ったかもしれないのだ。白玉粉が怪しい。白玉粉を使って自作の団子をこさえ、酒の仕上げの肴にした。私が菓子作りに興じていたのは去年の初め頃だ。白玉粉はその頃に買ったもの、確かめると、賞味期限は1年以上も前。
  じつは、その前の週にカビ天ぷらとカビヒラヤーチーを私は大量に食っている。賞味期限が三ヶ月しか過ぎていない小麦粉を使ったのだが、先週末、その小麦粉で2度目のヒラヤーチーを作ろうとした時に、カビ臭さに気付いた。小麦粉の匂いを嗅ぐと、それは全くカビの匂いであった。小麦粉はまた、粉では無く、小さな塊の集まりだった。
 じつは、天ぷらを食った時もヒラヤーチーを食った時も多少の違和感はあった。水の中に小麦粉を入れると、粉では無く小さな塊だったし、なかなか水に溶けてくれない。しかし、粉もカビるとは思わなかったので、気のせいにしていたのだ。迂闊だった。
          

 友人に訊くと、梅雨から夏にかけての沖縄では湿気が多く、乾物でも密閉するか冷蔵庫で保管するかしないとカビが生えると言う。ということで、カビが生えているかどうかはっきりはしなかったが、実家から持ち帰った乾物の内、封が開けられ、引き出しで保管されていた物、干し昆布、干しシイタケ、ライスペーパーなども小麦粉と共に捨てた。ソーメンなども封を開けたら冷蔵庫、または冷凍庫で保存することにした。
 そういえば、ソーメンも小麦粉も乾物も、その袋に賞味期限は書かれてあるが、消費期限は書かれていない。食えるかどうかは自己判断せよ、ということなのであろう。

 記:2010.12.10 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄のモー娘 | トップ | 冷凍食品の消費期限 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。