ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

マガキガイとシラヒゲウニ

2011年03月25日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 春の海の幸

 オキナワの偉人である具志堅用高のエピソードで、用高が父親の職業を訊かれ、「海を歩いてます」と答えたという話。本当かどうか、いくら具志堅用高でもそこまで変ではあるまいと私は思うのだが、もしそれが本当だとしても、「海を歩いてます」には一応ちゃんとした理屈はある。
  漁師のことをウチナーグチではウミアッチャーと言う。ウミアッチャーは、和語に直訳すると「海を歩く人」ということになり、用高はそれを答えたのである。が、その意味するところは「海で働いている人」ということ。「海で働いている人」であるから漁師だけでなく、船乗りのことも指す。ちなみに、農夫のことはハルアッチャーと言う。ハルは畑のことで、畑を歩く人、つまり、畑で働く人ということになる。
 漁師という意味では、ウミンチュと言う言葉も使われる。和語に訳せば「海の人」となる。「海人」とも表記される。こちらの方が字面も音の響きもカッコイイ。釣や潮干狩りなど趣味で海の幸を得る人のことは、ウミアッチャーともウミンチュとも言わない。

  ウミアッチャーでもウミンチュでも無い従姉夫婦は、時々釣へ出かけ、年に1、2度、旧暦の3月頃になると潮干狩りにでかける。今年は、彼らの姉妹を含め4人で出かけた。たくさん獲れたという電話があったので見に行った。その日の獲物は大量のシラヒゲウニと十数個のマガキガイ、1個のシャコガイであった。シラヒゲウニとマガキガイは沖縄の海に多く生息しており、毎年お目にかかる。私も獲った経験がある。
 どちらも酒の肴としては上質のものであるが、シラヒゲウニは調理が面倒臭い。殻を割って、中の身をスプーンで剥ぎ取る作業が面倒なのである。それに、その作業をやっていると手が痒くなる。私は面倒臭がり屋なので、シラヒゲウニを見つけても獲ることはしない。マガキガイも調理して、殻から身を取り出してという少し面倒な作業の割には身が小さい。これもまた私は、見つけても獲る気にはならない。食べたい時は、魚屋さんで調理されたものを買うか、居酒屋さんで食べるようにしている。
      
      
 補足
 漁師のことはイユトゥヤーとも言う。イユは魚、トゥヤーは獲る者。
 農夫のことはハルサーとも言う。ハルは畑、サーは「する者」で、畑する者。
 猟師のことはヤマジシトゥヤーと言う。ヤマジシは猪のこと。
 他に、ウミワザ(海業)、ハルワザ(畑業)という言葉もある。

 動物としての詳しい紹介は別項とするが、
 マガキガイは方言名をティラジャーと言い、殻長は6センチほど。
 シラヒゲウニは方言名をガシチャーと言い、殻径10センチ内外。

 記:ガジ丸 2006.8.8 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懸命の仕事 | トップ | 刺身1ヤコウガイとイセエビ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。